IS6FXで取引できない時の対処方まとめ

この記事では、以下のIS6FXで取引できない場合の対処方について紹介しています。

  • PC版MT4で発注できない(通貨ペア名が有効となっていない)
  • アプリ版MT4で発注できない(通貨ペア名が有効となっていない)
  • PC版MT4で「回線普通」と表示される

上記の状況となっている場合、多くの場合は簡単に改善可能ですので、以下で紹介する手順に従って対処してみてください。

関連記事 【is6com転生】新ブローカー”IS6FX”にスムーズに移行する方法

PC版MT4で発注できない時の対処方

PC版MT4で発注できないトラブルは、旧is6comから新しいIS6FXに移行した際、ログインするサーバーが変更となることで起こります。

具体的には、以下のようにMT4の左上の気配値の通貨ペア名がグレーとなっている場合、注文操作を行うことができません。

これは、MT4のデフォルトの通貨名が表示されているだけで、IS6FXのサーバーから提供される通貨ペアではありません。

対処方は、気配値ウィンドウの上で右クリック、【すべて表示】をクリックするだけです。

【すべて表示】をクリックしスクロールすると、黒い字で通貨名が新たに表示されます。

 

USDJPY.stdのように後ろに「.std」の文字列が表示されているのがIS6FXのサーバーから提供される通貨ペアです。

この文字列は、スタンダード口座ならstd、マイクロ口座ならmcr、プロ口座ならproと表示されます。

これらの通貨名に対して操作を行うことでIS6FXでの取引が可能となります。

関連記事

IS6FXは、業界でも随一の豪華なボーナスを提供していたis6comがリニューアルした海外FXブローカーです。 サービスが一新されてもIS6FXに大胆なボーナス制度は引き継がれており、初心者を始めとする低資金トレーダーを強力にサポート[…]

アプリ版MT4で発注できない時の対処方

アプリ版で取引できない場合の原因はPC版と同じです。

初回ログイン時には、MT4の初期の通貨ペアしか気配値画面に表示されていないので、IS6FXから提供される通貨ペアを追加していく手順になります。

グレー表示になっている状態では、発注操作を行うことはできません。

右上の【+】をタップし、取引できる通貨ペアを追加します。

 

【Forex std】(為替ペア)または【Spot Metals std】(ゴールド、シルバー)を選択します。

【Forex】はIS6FXから提供されるペアではないので取引できません。

Forex stdを展開すると、後ろに「std」表記がある通貨ペア一覧が表示されます。

この中から取引したいペアをタップすることで、気配値画面から取引可能になります。

気配値画面に先ほど追加したペアが表示されれば取引可能です。

 

ちなみに鉛筆マークをタップすることで、取引できない余計なペアを気配値から削除することができます。

表示から削除したいペアにチェックを入れ、ごみ箱マークをタップすることで気配値から対象のペアが消えます。

これですっきりした通貨ペア一覧になります。

PC版MT4「回線普通」と表示され取引できない

こちらの対処法は複数あります。「回線普通」の他に「無効な口座」と表示される場合もあります。

旧is6comからIS6FXサーバーへ移行操作をする

is6comユーザーがIS6FXを利用するための必須の作業です。

公式サイトでもアナウンスされているので忘れずに作業を済ませておきましょう。

方法はとても簡単です。以下の記事で詳しく解説しています。

【is6com転生】新ブローカー”IS6FX”にスムーズに移行する方法

MT4再起動、サーバー再スキャン、再ログイン

一時的な接続障害や内部プログラムのエラー等が原因の場合、MT4再起動サーバー再スキャンログインし直すことで症状が改善するケースは多くあります。

サーバー再スキャンはMT4の画面右下の接続状況のマークをクリックすることで行えます。

また、基本的なことですが、自宅のPCがインターネットに接続されて正常に接続されているかも念のため確認しましょう。

MT4の再インストール

前項の方法で状況が改善しない場合、MT4のバージョンが古かったり、画面からの操作では解決不可能な内部エラーが発生している可能性があります。

この場合は、MT4のアンインストールをしてから、再インストールを行ってみましょう。

再インストールする場合は必ず公式サイトからMT4をダウンロードして使用します。

口座が凍結されている

長期間口座を保有していない場合、口座が凍結される場合があります。

IS6FXの場合、120日間の利用がないと自動的に口座が休眠状態となります。

不正利用による口座凍結でなければ、サポートに連絡することで3日以内に口座がアクティブになります。

IS6FXサポート support@is6.com

 

どこでトラブルが起きているか特定するのが近道

例えば、PC版MT4、アプリ版MT4、Web版MT4全てで取引ができないのであれば、以下の原因が考えられます。

  • インターネット環境の問題
  • アカウント(口座)の問題
  • ログイン情報の間違い

また、自宅のWifiと外出先のインターネット接続で症状が違うのであれば、どちらかのネット環境の問題であることが分かります。

反対に、PC版MT4、アプリ版MT4のどれかのみで問題が起きている場合は、ソフトウェアやアプリの内部エラーやバグが考えられますので、再インストールすることで改善する場合が多いです。

 

どうしても治らない場合は

IS6FXサポートに、どのプラットフォームでどのような現象が起きているのか、症状を詳しく明記し問い合わせをしましょう。

その際、自分で行った対処方法で改善しなかったことを詳しく伝えることで、サポート側も問題の洗い出しがしやすくなります。

関連記事

IS6FXは、業界でも随一の豪華なボーナスを提供していたis6comがリニューアルした海外FXブローカーです。 サービスが一新されてもIS6FXに大胆なボーナス制度は引き継がれており、初心者を始めとする低資金トレーダーを強力にサポート[…]