is6com利用規約まとめ|禁止事項を確認して確実に出金しよう!

2019年、SNSでis6com(現IS6FX)で出金拒否の事例が拡散しました。

海外FXブローカーでは珍しいことではありませんが、そのほとんどが利用規約の確認不足によりうっかり禁止行為をしてしまったものによるものです。

意外に海外FXブローカーの禁止行為は厳しくなっていますので注意が必要です。

しかし利用規約はものすごく多い項目があったり、そもそも英語で読めなかったりします。

この記事では、IS6FX(旧is6com)の利用規約を日本語でわかりやすく紹介していきます。

ルールを守り確実に出金しましょう!

結局のところIS6FXの裁量による

本題に入る前に、禁止行為にあたるのかあたらないのかを判定するのはブローカー側であることを大前提として頭に入れておく必要があります。

気を付けなければならないのが「怪しい行為」「疑われる行為」です。少しでも規約にひっかかりそうな行為があればブローカーのさじ加減で処分の対象となります。

さらに、出金拒否利益没収となった場合ブローカー側から違反対象となった行為や取引が開示されることはほとんど無く、一方的な処分を受けることとなります。

これらブローカー側の行為がとても一方的であるため、「出金拒否のあった業者=詐欺業者」のレッテルを張られる風潮があります。

しかし、これらブローカー側の権限は全て利用規約に記載されており、ユーザーは口座開設の際に同意しています。

よって、一見理不尽と思われる対応を取られてもユーザー側は文句は言えないこととなります。

出金拒否や利益没収となり悔しい思いをしないためには、禁止行為を頭に入れクリーンな取引を心掛けるしか対処法はありません。

IS6FXの不正行為への対応

禁止行為の判断はIS6FX側が行い、禁止行為の理由や根拠は顧客に説明をしないということがガイドラインに明記されています。

出金拒否されてSNSで大騒ぎする方をよく見ますが、口座開設時に上記の規約に同意済みであるため本来は黙ってブローカー側の処置に従うしかありません。

 

1, ボーナス利用の禁止事項 「ボーナスアービトラージ」

ボーナスアービトラージとは、複数口座間でハイレバレッジの両建てを行う行為です。

ボーナスアービトラージの例

  1. 口座Aで買い、口座Bで売りの反対売買(ハイレバ)を行う。
  2. 両方の口座には入金分とボーナス(クレジット)があることが前提。
  3. 相場が大きく動き、口座Aでは大きな利益、口座Bでは入金分を超える損失が出る。

この際、

  • 口座Aでは、通常通り利益分が残高に上乗せされる
  • 口座Bでは、ボーナスまで削られる損失を受けたが、実質的な損失は入金分のみ

つまり、利益は丸々手に入るが、損失の大部分はボーナスがカバーしてくれるということです。

相場が大きく動く経済指標時などに行えば高確率で利益が出ます。

以上が、IS6FXで禁止されているボーナスアービトラージです。

注意しなければならないのは、故意ではなく無意識のうちにボーナスアービトラージとなってしまうケースです。

ボーナスアービトラージにならないために

  • 複数口座にボーナスが入っている場合は注意
  • 複数口座で同時にトレードしていないか
  • 同一通貨ペアではなくても同時にトレードしている場合は注意

怪しまれる行為は避け、1口座のみで運用するのが安全です。

2. IS6FXのガイドラインを要約

ガイドラインとはその企業の大まかな方針が記載されたものです。

IS6FXのガイドラインには禁止行為とそれに対する対応がようやくされています。

その中でも特に注意しなければならないもの、無意識にやってしまいがちなことを以下に抜粋します。

口座名義人以外の利用、1口座を複数名で利用

口座開設ボーナスをもらうために家族の個人情報を借りて口座開設を考えた方は多いのではないでしょうか?

口座開設後、MT4へのログイン情報さえ入手すれば、家族名義の口座を運用することが可能です。

こちらも禁止行為となっており、提出した本人確認書類などから疑われますのでやめておきましょう。

IS6FX内、他業者間での複数口座による両建て取引

IS6FXに所有する口座、他業者間を問わずどのような形でも複数口座での両建ては禁止行為となっています。

他業者間であってもMT4という共通プラットフォームを使うことにより発覚します。

「両建て=同一通貨の反対売買」と考えている方も多いかもしれませんが、確実に違反と見なされないためには、複数口座での運用自体避けたほうが無難です。

経済指標時などのタイミング”のみ”を狙ったトレード

経済指標時や政府介入などの相場が急変動するタイミング”のみ”を狙ったトレードは禁止されています。

”のみ”と表現がありますが、経済指標時以外でも普通にトレードしていれば問題はありません。

ただし、あまりにもトレードが指標時に偏っていたりすると怪しい行為と見なされるので注意しましょう。

事前連絡なしの大きなロットでのトレード

なんでと思うかもしれませんが、IS6FXはDD方式(たぶん)の業者であるため大きなロットに対しブローカー内で一旦対応する必要があるためと思われます。

大きなロットとありますが、具体的には10ロット以上の注文が対象となります(Q&Aコーナーに明記)

面倒と思われるかもしれませんが、大きなロットを張るトレーダーは事前に公式サイトのお問合せページから連絡を入れましょう。

ボーナスアービトラージ

前述した通り禁止事項の一つとなっています。

レイテンシートレーディング

聞きなれない言葉かもしれませんが、レイテンシートレーディングとは、複数業者間の値動きの時間差を利用し有利にトレードすることです。

このトレードはプログラムを利用しEAのような形で高速売買をすることで可能な手法です。

IS6FXのガイドラインでは、レイテンシートレーディングによる短期間での高頻度のトレードを禁止行為としています。

取引量・回数が多いEAの利用

EAの利用自体に制限はありませんが、取引量と取引回数が多いEAの場合取引停止の措置を取られる場合があります。

取引量、取引回数の具体的な数値は明記されておらず、IS6FX側で不適切と判断された場合、最悪アカウント停止の措置がとられます。

当社判断で不適切とみなすトレード

この項目に関しては、「とにかく怪しまれることはするな!」としか言いようがありません。

何が不適切と見なされるのかわかりませんので、とにかくクリーンな利用を心がけましょう。

不正行為へのIS6FXの姿勢(ガイドラインより抜粋)

当社は不正・違法行為を行うユーザーを探し出し、特定するための高度な独自技術を使用しています。

お客様が規約に違反していると判断した場合、当社は単独の裁量によりお客様のサービスへのアクセスを直ちに終了するか、口座を閉鎖することができます。

判断につきましては、当社監視チームによる判断となり、お客様の意図と相違がある事もございますが、疑いが生じた時点で執行をさせて頂く場合がございます。予めご理解の程、よろしくお願い致します。

多少一方的と感じる文面ですが、不正には厳しい対処を行っていくという姿勢がうかがえる文面ですね。

IS6FX公式サイト

利用規約の抜粋・要約

ガイドラインがすでに利用規約の要約のようになっていますが、ここでは利用規約の特に重要と思われる部分について要約・抜粋します。

特に運用上の禁止事項について書いていきます。

サービスの提供について

・ユーザーは、自身の投資活動に全て責任を負わなければならない

→投資戦略から課税についてまで、どのような状況であってもIS6FXが責任を負うことはなく、ユーザーの自己責任となります。

・IS6FXのサービスがユーザーの地域(国)ので合法であるかどうかは明示しません

→IS6FXは日本では未認可の業者です。それを理解し自己責任で利用しなければなりません。

リスクの理解について

金融商品の取引は損失を被るリスクがあることを十分理解しなければならない

→こちらはFXや株などの金融業者の決まり文句のようなものです。

規約の中では、取引の損失のリスクの他に、円建て以外で取引した際に換金時に為替変動リスクがあることや、金融商品の性質が変わることのリスクなどについて書かれています。

簡単に言えば、「金融商品の全てのリスクについて理解、同意した上で利用しなさい」ということですね。

口座の取扱いについて

提出する書類は全て性格で最新のものでなければならない

→これは当たり前のことですが、口座開設ボーナス目当てに虚偽の個人情報を出したりしないようにしましょう。

IS6FXの裁量により口座が取引不可となる場合がある

→規約によるとアカウントがトレードのサービスが利用ができない(読み取り専用)モードに変更されるようです。

禁止行為

1.口座名義人以外の方が利用する行為。
2.複数の名前を持つ1つのアカウントを使用する行為。
3.登録ユーザーの存在しないユーザーとしての行為。
4.18歳未満のユーザー登録行為。
5.反社会的勢力、有罪判決、法令等の違反行為を当社が禁止する行為。
6.無能者または準無能者の申請時に、法定代理人の同意を得ずに登録する行為。
7.利用者登録において、虚偽記載、記載ミス等により記載漏れの状態で登録される行為、または報告を目的とする行為。
8.1回の登録の場合、同一の人物が2つ以上の口座を持つ行為(当社が特例を認めた場合を除く)
9.違法または不審な行為。
10.不当に取引報酬を獲得する取引行為。
11.当社の裁量で不適切と見なされる取引行為。
12.2人の商人(または複数のトレーダー)に預金を持ち、ヘッジ取引を行います。
13.当社に複数の口座を持つことにより、ヘッジ取引を行います。
14.第三者との同時入出金取引と、出金を同時に行うこと。
15.システムとサービスを提供する盲点を狙った悪意のある取引。
16.アメリカの雇用統計の発表や政府や中央銀行の介入などの経済指標の中で、悪意があると見なされた取引は、急速な市場の変化のタイミングのみを狙ったものでした。
17.事前の通知なしに大量のロットによる取引。
18.故意の過失にかかわらず、当社の業務を妨害する行為。
19.当社および著作権および下請業者のその他の権利を侵害する行為。
20.当社または第三者の名誉を毀損または毀損することにより不利益を生む行為。
21.その他の知的財産権などの著作権、肖像権などの道徳的権利、その他の法的権利または保護権に相当する行為の侵害、または関連法令に違反する行為。
22.第三者のプライバシーを侵害する行為。
23.消費者の判断を誤解させる行為、またはお客様の判断が好ましくないと判断し当社が判断しなければならない行為。
24.当社が適切に反社会的行動をとることや法令違反等の行為。

禁止行為については、ガイドラインと同様の内容が記載されています。

上記以外でもIS6FX側が悪質と判断した行為については不正行為とされます。

 

上記に挙げたものがIS6FXを利用する上で特に気を付けなければならない規定ですが、できれば一度は利用規約に目を通してみることをおすすめします。

 

出金拒否されないための方法まとめ

出金拒否やトラブルにあわないためには、うっかりやってしまいがちな行為に注意する必要があります。

特に、複数口座の運用、経済指標時の取引、事前連絡無しの大ロットでの取引には注意が必要です。

大きな利益を上げて口座残高が大幅に増えたときこそ慎重に運用するべきです。

そのためには、ガイドラインや利用規約から禁止とされる行為を把握しておかなければなりません。

IS6FX公式サイト