easyMarkets徹底解説|ボーナス情報&独自サービスの紹介と使い方まとめ

easyMarkets(イージーマーケット)は、2001年創業で長い運営歴でありながら2019年末に(やっと)日本上陸を果たした大型海外FXブローカーです。

easyMarketsは、含み損のポジションをキャンセルできるサービスレートを止めれることができるシステムなど業界唯一と言えるサービスを多数提供しています。

この記事では、サービス内容をよりシンプルに理解してスムーズにトレードできるよう、公式サイトの要約やサポートに問い合わせた内容をもとにeasyMarketの使い方をわかりやすく解説しています.。

 easyMarketsの特徴まとめ

  • 取引キャンセルやレート停止などの独自機能搭載
  • 高機能な取引プラットフォーム
  • どんな時でも変動しない固定スプレッド
  • 個別株式や仮想通貨まで豊富な取引商品数
  • 最低入金額100ドル(11,000円相当)
  • 口座開設ボーナス3500円
  • 100%入金ボーナス有り(当サイトから登録した場合)

 

 3500円の口座開設ボーナスゲット

イージーマーケット日本語公式サイト

 

キャッシュバックキャンペーン実施中!

当サイトではイージーマーケットとパートナー契約を結んでいます。

イージーマーケットのユーザーを増やすため、当サイトから口座開設した方に以下の内容で特典をプレゼント中です。

  • 現金12,000円(銀行振込)
  • アマゾンギフト12,000円分(メールで送付)

以上のどちらかご希望の方をプレゼントします。

限定50名に達し次第キャンペーンは締め切らせていただきます。

キャッシュバックの条件
  1. 当サイトリンクから口座開設
  2. 3万円以上の入金
  3. 合計300,000通貨(3ロット)以上のトレード
  4. 当サイトあてにメール

リンクはこちら → easyMarkets公式サイト

トレードまで終わり条件を満たしたら以下の内容を trademagazine@kasou-toshi.infoまで送信してください。

  • 【easyMarketsユーザー名】【入金額】
  • 決済済みの取引履歴のスクリーンショット
  • アマギフ希望の場合【メールアドレス】(送信元と別アドレスに送ってほしい場合)
  • 現金希望の場合【銀行名】【支店名】【口座番号】【口座名義】

※お申込みに使用した個人情報は特典配布以外の目的には一切使用いたしません。

確認に4~5日要する場合があります。確認でき次第特典を送付します。

 

easyMarketsのボーナス情報

気になるボーナス情報ですが、easyMarketsでは入金ボーナス口座開設ボーナスを提供しています。

easyMarketsの入金ボーナス

easyMarketsでは、500ドル(5万5千円相当)まで100%入金ボーナスをもらうことができます。

500ドル以上5,000ドル(55万円相当)までの入金には25%の入金ボーナスが適用されます。

ただし特定のリンクから口座開設することが条件”となります。

当サイトではeasyMaketsのマーケティング担当者に交渉し、100%入金ボーナスの対象となるリンクを付与されました。

 100%入金ボーナスが適用となるリンク👈

※通常の公式サイトや他サイトからの登録では50%の入金ボーナスしか受け取れないので注意が必要です。

独自プラットフォームを使用した場合最大レバレッジは200倍と低めですが、当サイトのリンクから100%ボーナス得ることで、実質的な最大レバレッジを400倍まで高めることができます。

 

入金額別 ボーナス金額&合計証拠金

入金額 ボーナス金額 合計証拠金
10,000円 10,000円 20,000円
50,000円 50,000円 100,000円
100,000円 62,500円 162,500円
150,000円 75,000円 125,000円
200,000円 87,500円 287,500円
500,000円 162,500円 662,500円
入金ボーナスは初回入金のみが対象となります。できるだけ多くの証拠金を得るには100%ボーナスの上限である5万5千円を一度に入金するのが一番効率よく証拠金を増やせる方法です。
 100%入金ボーナスが適用となるリンク→

 入金ボーナスをもらうにはサポートに連絡が必要

入金後、すぐにはボーナスが反映されません。ボーナスを反映させるにはサポートに入金したことを伝える必要があります。

連絡方法は、チャットやメールで構いません。ボーナス反映時以外にも、質問やトラブルがあった場合に備えサポートへの連絡方法は覚えておきましょう。

サポートへの連絡方法
ログインマイページの右下のアイコンから連絡方法を選べます。

電話・チャットまず日本人オペレーターにつないでもらえるよう「Please Japanese operator」などで日本人スタッフに代わってもらいましょう。

メールは、長くて1日ほど返答に時間がかかるかもしれませんが日本語のメールで問題はありません。

 

easyMarketsの口座開設ボーナス

イージーマーケットでは、3,500円の口座開設ボーナスがあります。

厳密にいうと口座開設ボーナスではなく、easyMarketsに電話番号を登録するとボーナスが付与される仕組みです。

手順は簡単で5分も掛からずに口座にボーナス3500JPYが反映されます。金額でいうと少少額ですがXMの3000JPYよりは少し多いですね。

口座開設ボーナスは、電話番号の簡単な登録のみで付与されます。

しかし、そこから取引するにはイージーマーケットへの個人情報の登録が必要になります。こちらも簡単な入力のみなので以下にボーナスのもらい方と合わせて登録方法を以下に記載しておきます。

電話番号登録ボーナスのもらい方
①ログインマイページの左下の項目をクリックします。

②名前と電話番号を順に入力します。

 

③SMSで送られてきた認証コードを入力します。ボーナスが口座残高に反映されていることを確認しましょう!

手続きが済むと自動で口座残高に3500円が反映されます。

個人情報の入力方法
個人情報の入力はいたって簡単です。

住所や生年月日、収入状況や投資の経験年数などを順に入力していきます。

※個人情報は、必ず身分証明書等と一致する正しいものを入力します。

ここまで済めば口座開設ボーナスのみで取引ができます!

 

 口座開設3分で完了

口座開設ボーナス3500円をゲットする

 

easyMarketsの独自サービスがすごい

easyMarkets(イージーマーケット)では、他社にはない独自のサービス(dealCancellationフリーズレート自動ストップロス機能)を提供しています。

この3つのサービスは、easyMarketsの独自プラットフォーム上でのみ利用することができます。

独自サービス① dealCancellation(取引キャンセル)

dealCancellation(ディールキャンセレーション)とは、損失が出た取引をキャンセルすることができるサービスです。

dealCancellationの利用はとても簡単です。

dealCancellationを有効にしたい場合、アイコンをオンにすれば有効になります。dealCancellationを有効にすると、下にポジションをキャンセルした場合の手数料が表示されます。

手数料は通貨ペアなどによって違い、ボラティリティ(値動きの幅)などにより決まっています。計算方法についてはサポートに問い合わせましたが教えてもらえませんでした。

 dealCancellationの特徴

  • 手数料はだいたい1時間で10~15pips分が徴収される
  • dealCancellationをオンにした注文をキャンセルすると手数料が返還される
  • オーポンポジションに新たにdealCancellationをオンにすることはできない
  • 1時間・3時間・6時間キャンセル可能(長時間を選択するほど手数料増)
  • 全ての通貨ペアや商品で利用できるわけではない

手数料がだいたい10~15pips前後なので、短期売買を手法とする方にはあまり向かないかもしれません。ある程度の値幅の損切りを想定する取引する方には大変うれしいサービスです。

 

独自サービス② フリーズレート

フリーズレートはその名の通り、レートをフリーズ(停止)することができるサービスです。

使い方はとてもシンプルです。

フリーズレートは全ての取引商品で無料で何度でも使用することができます。

ボタンをクリックしてからの約2秒間レートが止まりその間に注文を出すことができます。

また、市場が動いている間であればいつでも使えます。

経済指標時など瞬時にレートが変わる場面では、easyMarketsの固定スプレッドと合わせればとても有利にトレードができること間違いないです。

 

独自サービス③ 自動ロスカット設定

easyMarketsでは、注文を出す際に自動的にストップロス(損切り)の値が設定されています。

公式HPによると、ユーザーの資産に対するリスクを限定するためのものだそうです。

取引画面では、以下の部分で確認することができます。

損切り額の選択は、だいたいですが50pips、1000pips、200pips、300pips相当の中から選べます。

発注時には、タイトな損切り幅や細かなレートでの設定はできません。

注文の細かな設定するには、注文を出してから以下のように変更することができます。

損切りや利益確定をするレートを設定すると、損益の金額も表示されるのは便利な機能です。

下の注意書きに関してですが、これは、ストップロス(損切り)の値を変更した場合に表示されます。実際に残高が増減するわけではありません。

easyMarketsの取引可能額について

easyMarketsでは、事前に設定したストップロスの金額があらかじめ取引可能額から差し引かれる仕組みになっています。

よって、ストップロスの値を小さく変更すれば取引可能額は増えます。逆に大きく変更すれば取引可能額は減ることになります。

自動ロスカットの機能があれば、相場の予期せぬ変動で資産を大幅に減らしてしまうようなリスクを回避できます。

イージーマーケットでは、ストップロスを未設定にすることはできませんが、残高を目いっぱい使ってギリギリのトレードがしたい場合はストップロスのを大きく変更することも可能です。デイトレードやスイングなど手法に合わせて値を変更しましょう。

 

 easyMarketsで3500円からトレード

イージーマーケット日本語公式サイト

 

easyMarkets(イージーマーケット)の基本情報

easyMarketsは、2001年にサービスを開始したキプロスの企業です。金融ライセンスは2か国から取得しています。

ヨーロッパの他中国、オーストラリアにも拠点を置く国際企業です。日本でのサービス展開は2019年に始まったばかりですが、全世界のユーザーを対象に18年にもわたりFXのサービスを行っている老舗ブローカーです。

 イージーマーケットのスペック
金融ライセンス
キプロス証券取引委員会(CySEC)、オーストラリア証券取引委員会(ASIC)
最大レバレッジ
200倍(MT4利用で400倍)
追証
なし(ゼロカット)
スプレッド
スタンダード口座 ドル円2.4pips(固定)※
口座タイプ
3種類(スタンダード、プレミアム、VIP)
取引プラットフォーム
MT4、独自プラットフォーム(Web版、アプリ版)
取引銘柄数
FX64種、個別株52種、その他商品、指数CFD等
ロスカットレベル
証拠金維持率30%
円建取引
対応
入出金手段
クレジットカード、国内銀行送金、bitwallet
最低入金額
100ドル(11,000円相当)
日本語サポート
メール、チャット、電話で可能

※スプレッド、最大レバレッジは口座タイプおよび取引プラットフォームにより値が違います。

 

easyMarketsの3つの口座タイプ

easyMarketsには3つの口座タイプがあります。どの口座タイプもスプレッドは固定で、最大レバレッジも同じですが、口座タイプや使用する取引プラットフォームにより条件が変わっています。また、最低入金額も口座タイプによりかなり違ってきますので、ご自分の資産状況に合わせて口座タイプを選択しましょう。

口座タイプによる違いは、最低入金額とスプレッドにあります。

 口座タイプ別最低入金額&スプレッド

口座タイプ 最低入金額 スプレッド
スタンダード口座 100ドル(11,000円相当) ドル円2.0pips
プレミアム口座 2,000ドル(220,000円相当) ドル円1.8pips
VIP口座 1万ドル(110万円相当) ドル円1.0pips

口座タイプのランクが上がるほど最低入金額は高額になる代わりにスプレッドは低くなります。

また、取引プラットフォームにより最大レバレッジも違います。

  • 独自プラットフォーム(Web、アプリ) → 200倍
  • MT4 → 400倍

 

easyMarkets3つの口座タイプ詳細
 スタンダード口座

スタンダード口座は、最低入金額が100ドル(11,000円相当)と一番利用のハードルが低い口座タイプです。

その代わり、3つの口座タイプの中で一番スプレッドが高く設定されています。スプレッドが固定というメリットはありますが、海外FXブローカーの中では高いスプレッドです。

最低入金額が低いので、軍資金が少ない方やとりあえずイージーマーケットを使ってみたい方におすすめです。

プラットフォーム ウェブ/アプリ MT4
最小取引サイズ 0.05ロット 0.01ロット
スプレッド(固定) ドル円2.4pips ドル円2.0pips
最低入金額 100ドル(11,000円相当)
最大レバレッジ 200倍 400倍
取引手数料 なし
ロスカットレベル 30%
追証 無し(ゼロカット)

 

 プレミアム口座

プレミアム口座は、最低入金額が2,000ドル(220,000円相当)と少し利用のハードルが高い口座タイプです。その代わりスダンダード口座よりはスプレッドが狭くなっています。

プレミアムになってやっとスプレッドが大手のXMくらいの値になってきます。スタンダード口座で20万円以上の利益が出たり、一度にまとまった資金を投入できる方におすすめです。

プラットフォーム ウェブ/アプリ MT4
最小取引サイズ 0.5ロット 0.01ロット
スプレッド(固定) ドル円2.2pips ドル円1.8pips
最低入金額 2,000ドル(220,000円相当)
最大レバレッジ 200倍 400倍
取引手数料 なし
ロスカットレベル 30%
追証 無し(ゼロカット)

 

 VIP口座

easyMarkets(イージーマーケット)の中で最上級の取引条件の口座タイプです。プレミアム口座よりもスプレッドが一気に狭くなり業界でも低い部類に入るスプレッドです。さらに固定スプレッドであることを考えるとかなり魅力的な条件と言えます。

ただし、最低入金額が10,000ドル(1,100,000円相当)と利用のハードルもかなり高くなっています。潤沢な資金を持っている方向けのまさにVIP口座です。

プラットフォーム ウェブ/アプリ MT4
最小取引サイズ 1ロット 0.01ロット
スプレッド(固定) ドル円1.5pips ドル円1.0pips
最低入金額 1万ドル(110万円相当)
最大レバレッジ 200倍 400倍
取引手数料 なし
ロスカットレベル 30%
追証 無(ゼロカット)

 口座開設3分で完了

easyMarkets公式サイト

 

 

高機能取引プラットフォーム

前述しましたが、easyMarket(イージーマーケット)では独自の取引プラットフォームが提供されています。

一つの画面で、レート、取引操作、チャート分析、注文状況の全てを見れる画面構成となっています。それぞれの機能がとてもシンプルに使うことができ、初めて扱う場合でも直感的に操作することが可能です。

  • 気配値:目当ての銘柄をすぐに見つけられるようになっています。検索することも可能です。
  • 取引操作:取引量の設定から発注まで少ない操作で行えます。
  • チャート:高機能なTrading Viewを採用しています。多くのインジケーターや描画機能が使えます。
  • オープンポジション:注文内容の変更や決済が行えます。MT4にはない一括決済機能を標準で備えています。

若干日本語への翻訳が不自然な部分もありますが、取引するには全く問題はありません。dealcancelation、フリーズレート、自動ストップロス設定の独自サービスは、このプラットフォーム上でのみ利用することができます。

 

easyMarketsの入出金方法

easyMarkets(イージーマーケット)の入出金方法は現在のところクレジットカードのみとなっています。

VISAMasterCardMaestroAMERICANEXPRESSが利用できます。

出金に関しては、入金分まではショッピングのキャンセル分としてクレジットカードに入金されます。入金を超える分の出金に関しては海外送金となります。その場合、手数料は無料ですが、金融機関への手数料は発生します。

公式サイトではSkrillやNETELARもラインナップされていますが、このオンラインウォレットは現在日本人の利用を停止しています。

正直入出金の手段はかなり少ないです。今後、国内銀行送金やbitwallet(ビットウォレット)へ対応し、入出金方法の増強に期待したいところです。

 

easyMatketsのスプレッド(他社比較)

easyMarketsは固定スプレッドのため広い値に設定されています。

同じくスプレッドが広いと評判の大手XMと比較してみます。

ペア XM スタンダード口座 EM スタンダード口座
USDJPY 1.8pips 2.4pips
EURUSD 1.8pips 2.0pips
EURJPY 2.7pips 3.2pips
GBPJPY 3.5pips 5.0pips
GBPUSD 2.3pips 2.4pips
AUDJPY 3.5pips 4.0pips

イージーマーケットのスプレッドは全体的にXMより広くなっています。

ただしイージーマーケットにはどんな場面でも一定な固定スプレッド制という大きなアドバンテージがありますので、単純に比較できるものではありません。

さらには、最低入金額は高くなりますが、プレミアム口座を使用することでXMと同等以上のスプレッドで取引することも可能です。

 

easyMatketsで取引できる金融商品一覧

easyMarketsでは、取引できる金融商品が多いのも魅力の一つです。

通貨ペア、個別株、仮想通貨、商品、株式指数、金属が取引することができます。それぞれの分野でメジャーな金融商品は全て揃っています。

注目は世界の個別株を取引きできる点で、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアの銘柄を中心に有名企業の株式がラインナップされています。少ないですが日本株もトヨタやソフトバンクなどの大手企業の銘柄を売買することができます。

easyMarketsでは、その他にオプション取引や先物取引をすることも可能です。

イージーマーケットの通貨ペア 64種類
EURUSD, GBPUSD, USDJPY, EURJPY, AUDUSD, USDCHF, USDCAD, NZDUSD, GBPJPY, EURGBP, GBPAUD, EURAUD, EURCHF, AUDJPY, GBPCHF, USDNOK, GBPNZD, AUDNZD, USDZAR, EURCAD, EURNZD, CADJPY, CHFJPY, NZDJPY, AUDCAD, GBPCAD, USDCNH, EURNOK, CADCHF, USDSEK, USDSGD, CHFAUD, USDPLN, EURSEK, EURPLN, USDMXN, AUDCNH, GBPZAR, EURZAR, EURCNH, GBPNOK, GBPPLN, AUDSGD, USDHKD, EURSGD, GBPSGD, USDILS, ZARJPY, NZDCAD, CHFNOK, EURMXN, NOKSEK, AUDZAR, NZDCHF, USDCZK, CHFSEK, GBPSEK, GBPILS, NZDZAR, EURILS, EURCZK, USDDKK, CADSGD, CNHJPY,
イージーマーケットの株式 52種類
Toyota, Softbank, Sony, Mizuho, Honda, Aribaba, Apple, Amazon, Facebook, Netflix, Tesla, Coca Cola, Intel, Johnson&Johnson, MacDonald’s, Microsoft, Ford, Chevron, Visa, AT&T, Cisco, Exxon, Adidas, Allianz, Bayer, BNP Paribas, Commerzbank, Daimler, Iberdrola, LVMH, Siemens, Volkswagen, Anz Bank, BHP, Commonwealth bank, CSL, Goocman, Insurance Australia, Macquarie, National Australia Bank, RIO Tinto, Suncorp, Telstra, Wesfarmers, Westpac Bank, Woodside petroleum, Woolworth, Tencent, AIA, HSBC, Bank of China, CNOOC
イージーマーケットの仮想通貨 3種類
BTCUSD, XRPUSD, ETHUSD
イージーマーケットの商品CFD 12種類
WTI Crude, Brent Oil, Wheat, NaturalGas, Soybeans, Sugar, Coffee, Gas Oil, Corn, Cotton, Neating OIL, Cocoa
イージーマーケットの株式指数CFD 15種類
Germany30(DAX), US Tech(NDQ), China50(CNX), Hong Kong(HSX), US500(SPI), US30(DOW), USD Index, Australia(ASX), Japan225(NKI), UK100(FTS), India50(IND), France40(CAC), Swiss20(SWI), EU Stocks50(ESX), Fear(VXX)
イージーマーケットの貴金属CFD 12種類
XAUUSD, XAGUSD, CPRUSD, XPTUSD, XPDUSD, XAGEUR, XAGGBP, XAGCAD, XAGAUD, XAGNZD, XAGCHF, XAGSGD,

 

easyMarketsのデモ口座の使い方

前述したようにeasyMarketは他社にはない特徴的な取引プラットフォームや独自サービスがてんこ盛りです。

その為、リアルトレードをする前にデモ口座でトレードしてみることをおすすめします。

easyMarketsでは、特別な手続きをすることなく簡単にデモ口座に切り替えることができます。

デモ口座への切り替え方

 

easyMarketsのデメリット&注意点

 入金方法がクレジットカードのみ

冒頭でも書きましたが、easyMarketsではオンラインウォレットを含め多数の入出金方法が提供されています。しかし、SkrillやNETELERなどのオンラインウォレットは日本人向けのサービスを行っていません。実質的にクレジットカードのみの入出金となってしまいます。

今後、bitwalletや国内銀行送金のサービスが追加されるのに期待したいところです。

 

 証拠金や維持率が表示されない

MT4を使っている方なら、証拠金や証拠金維持率を確認し資産に対するリスクを計っている場合が多いでしょう。easyMarketsのプラットフォームには、これらの数字が表示されません。

 

 入金しないとMT4が使えない

未入金の状態だと独自のプラットフォームしか使用できません。入金後するとメールでMT4へのログイン情報が送られてきます。

レバレッジやスプレッドがMT4のほうが好条件なため少し残念な点です。

 

 情報が少ない

easyMarkets自体は2001年からサービス運営されていますが、日本に進出したのが2019年後半のため国内での知名度が極めて低いのが弱点です。

今後ユーザー数が伸びて利用実績の情報が増えることに期待です。

 

easyMarkets総評

多くの海外FX業者のサービスは、MT4によりあるていど取引環境が共通したものとなっています。

しかし、イージーマーケットのdealCancellationやフリーズレートなどのユーザーに大きなメリットのある独自サービスは専用のプラットフォーム上でしか実現することができません

一見、独自プラットフォームと聞くと抵抗がある方も多いと思いますが、それ以上のメリットがイージーマーケットにはあると思います。

幸いイージーマーケットには、無料で取引ができる口座開設ボーナスがありますので、まずはそれを元手に試用してみることをおすすめします。

まだ日本進出してから日が浅く、入出金や日本語サポートの面でいくつか難点が存在しますが、今後日本人に適応したサービスへと強化されていくことに期待です。

 

 easyMarketsで3500円からトレード

イージーマーケット日本語公式サイト