損失は定額・利益は無限|easyMarketsのeasyTradeが使える理由

easyMarkets(イージーマーケット)は、独自のサービスを多数提供する海外FXブローカーです。

この記事では、easyMarketsの独自サービスの一つであるeasyTrade(イージートレード)について解説していきます。

 当サイト限定スペシャルプロモーション
当サイトのリンク経由で口座を開設した方限定で、以下の3つの特典を同時に受けることができます。
  • 口座開設ボーナス3500円
  • プレミアム口座無料アップグレード
  • 100%入金ボーナス

当サイト完全限定企画ですので、特典を利用したい場合は以下のリンクから口座開設をしてください。

関連記事

easyMarkets(イージーマーケット)は、2001年創業で長い運営歴でありながら2019年末に(やっと)日本上陸を果たした大型海外FXブローカーです。 easyMarketsは、含み損のポジションをキャンセルできるサービスやレー[…]

easyTrade(イージートレード)の概要

easyTradeは、easyMarketsの取引方法の一つです。

通常のFX取引はeasyMarketsでは「デイトレード」として提供されていますが、easyTradeは別の取引方法です。

取引は、一定時間(1、3、6時間から選択)のうちに「上がる」か「下がる」かを選択することで成立します。

また、取引する際に一度手数料を支払います。

バイナリーオプションに似ていますが、以下の点で違いがあります。

  • 利益は予想した方向に動くほど限度なく大きくなる
  • スプレッド等の手数料はゼロ
  • 損失は最初に支払う手数料分のみ
  • 勝っても負けても手数料は徴収される

easyTradeの最大の利点は、損失は手数料分のみに対して、利益は無限の額が期待できる点です。

さらに、手数料の支払い額を大きくすることで、利益も大きくすることが可能です。

 口座開設3分で完了

【当サイト限定】ボーナス3500円をゲットする

関連記事

海外FXブローカーeasyMarkets(イージーマーケット)は、独自の取引ツール(プラットフォーム)や、dealCancellation、フリーズレート、自動ストップロス機能など他社にはない機能が提供されています。 独自性が高いサー[…]

easyTradeはハイボラティリティ銘柄と相性◎

easyTradeの取引ルールは、短期間に大きな値動きを見せるハイボラティリティの銘柄や局面に大変相性が良い内容です。

具体的には、ポンドペア、ゴールドなどの貴金属、原油などのエネルギー関連など荒い値動きを見せる銘柄です。

また、経済指標時などの瞬間的に大きな値動きをする局面などもeasyTradeの取引ルールは相性が良いと言えます。

ハイボラティリティは、短期間に大きな利益が期待できると同時に、致命的なリスクを負う可能性も持っています。

easyTradeを利用することで、ハイボラティリティ銘柄でも通常のFX取引のように大きな利益が取れる反面、損失は相場がどんなに逆行しても固定額で抑えることができます。

さらに、通常のFX取引とは違いスプレッド(買値と売値の差額)がゼロなので、経済指標時にも向いています。

逆に値動きが少ない銘柄は、制限時間内に手数料分を相殺するのにも時間がかかるため、easyTradeにあまり向いているとは言えません。

関連記事

海外FXの醍醐味と言えるボーナス制度ですが、easyMarkets(イージーマーケット)でも口座開設ボーナス&入金ボーナス制度をもれなく備えています。 この記事では、easyMarketsのボーナスの内容やゲットの方法について詳しく解[…]

easyTradeの取引の流れ

easyTradeの取引の流れを紹介します。

①easyTradeを選択

ログイン後、取引画面で【easyTrade】のタブを選択します。

 

②支払額を入力

次に支払額(手数料)を入力します。

最低額は、その時点のレートによって変動しますが、平均して1000円~数千円が最低額になります。

ここで入力した金額が手数料となり、実質的な損失はこの手数料のみとなります。

また、この支払額(手数料)により得られる利益の額も変わります。

③損益シミュレーションで利益額を確認

支払額によりどのくらいの利益が得られるかは、【損益シミュレーション】で確認することができます。

レートにカーソルを合わせることで、いくらの利益が出るか確認することができます。

また、右上の【ピップ】を選択することで値幅(pips)に対する利益も確認することができます。

↑の場合、自分で設定した5000円の支払い額を取り戻すには3.9pipsの値幅が必要ということになります。

3.9pips以上の値幅をとることで実質的な利益が発生することになります。

ここでのレートやpipsは、常に微妙に値が変化します。当然銘柄によっても値は変わります。

【損益シミュレーション】という名前ですが、損失額はどれほど予想に逆行しても支払額のみなので、ここでは利益の額のみを確認することとなります。

④満期までの時間を選択

easyTradeには時間制限があり、1時間3時間6時間の中から選択します。

時間が短いと値幅あたりの利益は大きくなり。支払額をすぐに取り戻すことができます。

反対に、時間が長いと値幅あたりの利益は少なくなり、支払額を取り戻すには大きな値動きが必要になります。

 

↑の画面はポンド円で5000円を支払額に設定した場合のものです。

相場が利益方向に動いた場合、利益が支払額に達するまでの必要pips数は以下のようになります。

満期までの時間 支払額を取戻すまでのpips
1時間 5.4pips
3時間 14.2pips
6時間 21.5pips

上記のpipsを超えてからが実質的な利益の発生となります。

ただし、上記のpips数は常に変化し、銘柄によっても値が変わります。その時点の実際の値を必ずシミュレーションで確認してからエントリーしましょう。

⑤エントリー

エントリーは【上がる】または【下がる】を選択することで成立します。

ワンクリックで発注されますので、支払額や満期の時間などをしっかり確認してからエントリーしましょう。

⑤決済

取引の決済は、最初に指定した満期の時間になると自動的に決済されます。

また、満期の前に任意のタイミングで決済することも可能です。

手動の決済方法は、通常のデイトレードの決済方法と同じです。

easyTradeのデメリット

easyTradeのデメリットは、

  • 必ず手数料が徴収される
  • 銘柄や時間帯を厳選する必要がある
  • 低ボラティリティ銘柄に向かない

損失が手数料分に限定されるのが大きなメリットですが、通常のスプレッドや他社の取引手数料に比べると少し高額なのが難点の一つです。

さらに、相場が利益方向に動いた場合、最初に手数料分を相殺してからが実質的な利益になります。

また、値動きが乏しい銘柄や時間帯にも向いていません。この場合、制限時間内に利益を出すことが難しくなります。

ただし、銘柄やボラティリティによって、利益が出るまでのpipsが常に自動計算で変化していますので、その時点のシミュレーションの値を確認してから取引することをおすすめします。

 口座開設3分で完了

easyMarkets 日本語公式サイト

関連記事

海外FXの醍醐味と言えるボーナス制度ですが、easyMarkets(イージーマーケット)でも口座開設ボーナス&入金ボーナス制度をもれなく備えています。 この記事では、easyMarketsのボーナスの内容やゲットの方法について詳しく解[…]

この記事で紹介した業者以外にも、大きなメリットを持つ海外FX業者は多数あります。

下記のページでは資金力をにサポートしてくれるボーナスキャンペーンに焦点を当て、厳選した海外FX業者をランキング形式で紹介しています。

自分に合った最強業者を見つけ、資産を倍増させましょう!

海外FX業者 ボーナス早見表