【easyMarkets】イージーマーケットの評判と安全性を徹底評価

easyMarkets(イージーマーケット)は2019年末に日本上陸した海外FXブローカーです。

2001年サービス開始で海外では実績のあるブローカーですが、日本ではまだ実績に乏しく信頼性を計る材料も少ないのが弱点となっています。

この記事では、easyMarketsの評判や信頼性・安全性を計るための材料となる情報を記載しています。

これからeasyMarketsの利用や入金を悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

 当サイト限定スペシャルプロモーション
当サイトのリンク経由で口座を開設した方限定で、以下の3つの特典を同時に受けることができます。
  • 口座開設ボーナス3500円
  • プレミアム口座無料アップグレード
  • 100%入金ボーナス

当サイト完全限定企画ですので、特典を利用したい場合は以下のリンクから口座開設をしてください。

関連記事

easyMarkets(イージーマーケット)は、2001年創業で長い運営歴でありながら2019年末に(やっと)日本上陸を果たした大型海外FXブローカーです。 easyMarketsは、含み損のポジションをキャンセルできるサービスやレー[…]

easyMarketsの企業情報

easyMarkets(イージーマーケット)は、Blue Capital Marketsというグローバル企業が提供する金融取引サービスの名称です。

Blue Capital Marketsは、ロンドン、上海、広州、リマソール、ワルシャワ、シドニーなど、世界中の主要な金融センターに拠点を置いており、全世界を対象に金融サービスソリューションを提供する企業体です。

http://www.bluecapitalmarkets.com

Blue Capital Marketsは、7つのグループ企業で構成されており、その一つであるEF Worldwide LTD.が日本向けのサービスを提供する企業です。

2019年末からの日本進出に伴い、公式サービスの日本語化から日本語サポートの配置などかなりのスピードで日本人向けのサービスを整備してきました。

ちなみに、Blue Capital Marketsは以下の企業で構成されています。

easyMarkets easyMarketsブランドとしての最初の企業。2000年代初頭からヨーロッパを対象に大衆向けに外国為替取引サービスを提供した最初の企業の一つ。本社はキプロス。
easyMarkets Pty Ltd. シドニーに本社を置き、オーストラリア及びアジア・太平洋地域へeasyMarketsブランドを提供する企業。
EF Worldwide Ltd. 全世界を対象にeasyMarketsブランドを提供する目的で設立された企業。日本の他、中国、カナダ、アフリカなどにサービスを提供している。
Web Pro Marketing Ltd. マーケティングを目的とする企業。
EF Marketing  Ltd. 中国へのマーケティングを目的とする企業。
Blue Ocean Precious Metals Trading Co.Ltd 貴金属の取引に特化した企業。
Blue Bull Investment Co. Blue Capital Marketsの投資部門。新興・中小の金融企業を中心に資金を投資。

 

easyMarketsのライセンス情報

easyMarketsは、企業全体で4つの金融ライセンスを保有しています。

BVI FSC(イギリス領バージン諸島)
セーシェルFSA(セーシェル金融サービス機構)
CySEC(キプロス証券取引委員会)

ASIC(オーストラリア証券取引委員会)

日本にeasyMarketsのサービスを提供するEF Worldwid Ltd.はBVI FSC(イギリス領バージン諸島)のライセンスを持っています。

BVI FSCについて

BVI FSC(ブリティッシュ バージン アイランド 金融委員会)は、イギリス領バージン諸島の日本でいう金融庁にあたる機関です。

このライセンスは比較的取得難易度が低く、企業が破綻した際の補償等は基本的に義務付けていません。

よって決して安全性の高いライセンスとは言えません。

イギリス領バージン諸島自体がタックスヘイブンとして多くの企業が租税回避地として利用しているため、おのずとライセンスの取得難易度も低くなっているものと思われます。

グループで保有する他3つのライセンスも全世界の金融ライセンスの中ではあまり厳格とは言えないラインナップとなっています。

 

easyMarketsの顧客資産管理・信託保全

easyMarketsでは、顧客の資産は分別管理されています。

分別管理とは

企業の運営に使われる資金と、顧客から預かった資産を明確に分けて管理することを分別管理と言います。

これにより、万が一企業が倒産などした場合でも顧客の資産は保護されることになります。

ただしeasyMarketsには、残念ながら信託保全はありません。

もし企業が倒産した場合、いくらまでの金額が補償されるか明確な金額は示されていません。

関連記事

海外FXの醍醐味と言えるボーナス制度ですが、easyMarkets(イージーマーケット)でも口座開設ボーナス&入金ボーナス制度をもれなく備えています。 この記事では、easyMarketsのボーナスの内容やゲットの方法について詳しく解[…]

 

easyMarketsの評判

TrustPilotでの評価

TrustPilotとは、全世界の企業やサービに関するレビューが集まる透谷サイトです。

https://jp.trustpilot.com/review/easymarkets.com

総合評価4.8、★5つの評価を獲得しています。レビューの件数も多く、海外を中心に多くの高評価の投稿がされています。

国内・海外問わず、カスタマーサポートの対応の良さに関する投稿が目立っています。

また、少数ではありますが、スプレッドの広さや独自サービスの手数料の高さを指摘するレビューもありました。

Trustpilotの評価は全般的に高く、多くのユーザーから好印象を得ています。

SNSでの評判

Twitterを中心に口コミを集めてみました。

easyMareketsに関するツイートを調査しましたが、出金拒否など重大なトラブルに関する口コミはありませんでした。

出金報告に関しては、最大で700万円の出金のツイートを確認できました。

独自プラットフォームについては賛否両論あるようです。ただし、easyTradeなど独自機能を使いこなし利益を出すユーザーも少なくないようです。

easyMarketsのMT4口座の画像がアップされていることが多く、実際に入金して使用しているユーザーも多いようです。 ※未入金ではMT4は使えないため

サポートに関しては、少数ですが返答の遅さを指摘する投稿が見られました。

口コミから考察するに、今のところ重大なトラブル等はないので資産を預ける点に関しては不安は少ないでしょう。

高額な入金から出金までの報告も確認できていますので、ある程度の資金投入もできるでしょう。

ただし、個人発信の情報は全般的に少ない印象でした。

 

出金実績について

前項のTwitterでの投稿で紹介した通り、700万円の出金報告がネット上で確認できた最高額でした。

また、当サイト経由で紹介したユーザーは、5万円~10万円の出金まで行えているようです。

ちなみに、私は10万円の出金を海外銀行送金で行いました。

着金までの時間は4営業日で、手数料は無料でしたが、銀行口座に着金する際3000円程の手数料を銀行に支払いました。

 

その他 信頼性を計る材料

独自サービスを構築できる資金力

多くの海外FXブローカーは、既存の取引プラットフォームであるMT4を使用することで低コストでユーザーに取引プラットフォームを提供しています。

easyMarketsでは、MT4に加えオリジナルで取引プラットフォームを自社開発しています。

easyMarketsの独自プラットフォームは、多機能でデザイン性にも優れており、金融系のソフトウェアであることから莫大なコストがかかっていることが想像できます。

また、社内に技術部門を設ける必要もあるため、資金力だけでなく組織力の高さも伺い知れます。

では独自開発したプラットフォームを提供する海外FXブローカーは数えるほどしかありません。

独自プラットフォームを提供するブローカーとして有名なのは、老舗のiForex(アイフォレックス)等です。

関連記事

海外FXブローカーeasyMarkets(イージーマーケット)は、独自の取引ツール(プラットフォーム)や、dealCancellation、フリーズレート、自動ストップロス機能など他社にはない機能が提供されています。 独自性が高いサー[…]

スイスフランショックの顧客負債も全額保証の実績

2015年の金融事件として有名なスイスフランショックでは、多くのFX業者とそのクライアントが大きな負債を負う中、easyMarketsでは顧客資産は安全に守られました。

easyMarketsの顧客資産保護を目的とした自動ストップロス設定やゼロカットが完全に機能した結果です。

また、スイスフランショック後にはCHF(スイスフラン)ペアの取引をブローカー中一番早く再開したのもeasyMarketsです。

スイス国立銀行(SNB)の木曜日の発表によって3年に及んだスイスフラン(CHF)への制限が終了し、この通貨の価格が急上昇して多くのブローカーとそのクライアントたちが大きな損失を被りました。

easyMarketsには強力なリスク管理システムがあったために影響を受けず、クライアントの皆様の安全もストップロス保証と負の残高保護によって確保されました。easy-forexでは安心して通常どおりに取引をしていただける事をクライアントの皆様に保証し、資金の保護や監督機関の規制を完全に遵守する事を含む数多くの対策を通じてクライアントの皆様の安全を確保する事にコミットし続けます。

公式サイト-企業ニュースより

レアルマドリードとスポンサー契約

レアルマドリード公式サイト-ニュースより

easyMarketsは、サッカースペインリーグ・レアルマドリードの2020/2021シーズンのスポンサー契約を行っています。

レアルマドリードのスポンサー料はクラブチームの中で最も高額(2019年)となっており、easyMarketsに潤沢な資金力があることを示しています。

レアルマドリードとスポンサー契約を結ぶ企業には、アウディ、PlayStation®、コカ・コーラ、中信銀行などがあり、どれも信頼のある巨大企業となっています。

このスポンサー契約はeasyMarketsの信頼性を直接図る指標とはなりませんが、企業規模や資金力を想像するにはとても参考となる情報です。

 

easyMarektsの信頼性・評判まとめ

企業規模や資金力、スピード感を伴う日本語対応等から考えると信頼性は問題ないブローカーと言えるでしょう。

信託保全が無い点やライセンスの弱さ等懸念点もありますが、それにより重大なトラブルを起こしたという情報はTrustpilotでの世界の評価を見る限りではありませんでした。

私を含め、日本人の入金~出金までの一連の資金移動が問題なく行えているという情報も多数あるため、資金を預け入れる点については不安は少ないと考えられます。

知名度の低さや情報の少なさ故に不安を感じるかもしれませんが、少ないながらもユーザー発信の情報は徐々に増えてきています。

今後、日本での人気ブローカーと肩を並べられることに期待したいブローカーです。

ただし、海外FXブローカーの利用には少なからずリスクを伴いますので、利用は自己責任でお願いいたします。

 口座開設3分で完了

【当サイト限定】ボーナス3500円をゲットする

関連記事

海外FXの醍醐味と言えるボーナス制度ですが、easyMarkets(イージーマーケット)でも口座開設ボーナス&入金ボーナス制度をもれなく備えています。 この記事では、easyMarketsのボーナスの内容やゲットの方法について詳しく解[…]

関連記事

海外FX業者の口座開設ボーナスとは、FX口座を開設するだけで取引に使える軍資金がもらえるかなり太っ腹なプロモーションの一つです。 世界中にサービスを展開する海外FX業者だからこそ実現できるシステムです。 このページでは、完全未入[…]