【BTC実践チャート分析】エリオット波動の基本とエントリーのタイミング

相場と正しく向き合い利益を積み重ねていくには、チャートを分析しより勝率の高いエントリーポイントを見極めていくのが大切です。

今回は、チャートの周期性を根拠にエントリーポイントを探るための指標エリオット波動について解説します。

 

エリオット波動とは

チャートの動きは一見ランダムに見えますが、実は一定のリズムに従って波を描きながら動いている場合が多くみられます。

この波の規則を定義したものがエリオット波動です。

 

図のように、エリオット波動は、大きく分けて上昇と下降の期間があり、上昇は5波下降は3波で一つの周期になります。

 

イメージとしては、大きなトレンド方向にトレンド方向とは逆の調整を挟みながら動いていくような感じです。

 

 

また、上の図のようにエリオット波動の中身はさらに細かな値動きの波で構成されており、長いスパンで周期を捉えるほど信頼性は高くなります。

 

エリオット波動成立の条件

上昇5波、下降3波がエリオット波動の形状と上記で解説しましたが、エリオット波動と判断するには3つの条件があります。

 

①上昇1波、3波、5波のうち、3波が一番短くなることはない

エリオット波動の上昇3波は、底値からの上昇である1波の押し目を狙って一気に買いが入ってくる波です。また、売りの利益確定の買いも入ってきやすい場面なので、最も伸びやすいのが3波と言われています。

そのため、上昇の波のうち一番強く長い波動となり、1波、5波より短くなることはありません。

値幅を取れるので最も狙っていきたいポイントのひとつです。

 

 

②2波が1波の上昇を打ち消すことはない

1波の利益確定による売りで調整されますが、1波の上昇を帳消しにするほどの下落はありません。

1波は下落トレンドの反発にしか見えないことがほとんどですが、2波の下落により打ち消されなかったことで、1波の押し目買いを伴い①の勢いを持った3波の上昇につながっていきます。

これはダウ理論とも一致しており、その後上昇トレンドに入るためには必須の条件です。

 

 

③4波が1波の高値を下回ることはない

4波は3波の押しですが、1波の高値が意識されるラインとなりこのラインは抜けてきません。

 

エリオット波動には、基本となる形以外にエクステンションと呼ばれる変形パターンが存在しますが、上記の3つがエリオット波動を形成する大原則となります。

エクステンションについては後述します。

 

各波動の特徴

各波の特徴を解説します

上昇1波

先行者が底値で買いを入れたことによる上昇です。一見下落の反発にしか見えないので、ここでエリオットの1波と判断するのはかなり難しいです。

その後の2波等の動きから判断します。

 

上昇2波

1波の調整(押し)です。底値から買いの利益確定の売りが一部入っています。2波により少し下がると上昇トレンドの初動に乗り遅れた買いが入ってきますので、1波の始点を割ることはありません。

 

上昇3波

上記でも説明しましたが、最も乗りたい波が上昇3波です。

1波に乗り遅れた投資家の押し目下位が2波の段階で入ってきます。

また、高値からの売りの解消(買い)が入ってくるとともに、トレンド転換に乗ろうとする新規の買いもどんどん入ってきますので、勢いがあり長く続くウェーブとなりやすいのが特徴です。

 

上昇4波

2波と同様に底での買いの利益確定売りにより下落します。

まだ買いの意欲が十分にある段階なので、1波の高値のラインを割ることなく第5波につながっていきます。

4波は、フラッグやペナントのコンティニュエーションパターンとなりやすく緩やかな動きとなる場合が多い期間です。

 

 

コンティニュエーションパターンとは?

 

 

コンティニュエーションパターンは相場が停滞する期間であり、図の二つのパターンを形成します。これらはラインをブレイクすることでトレンドが発生しますが、どちらも停滞する前のトレンド方向にブレイクする確率が高いといわれています。

 

 

上昇5波

最後の上昇の波です。トレンドの終盤ですが、まだ買いが入る期間です。

1波から3波で高値が更新していることと、下値を切り上げてきていることから上昇トレンドが明確となり、4波での押し目買いが入ることになります。

5波は、先行者の利食いが入ったり、新規の買いが少なかったりして高値が更新できない場合もあります。

逆に5波が行き過ぎることも多々あります。

 

エリオット波動のエクステンション

エリオット波動にはイレギュラーなパターンがあります。それがエクステンション(延長)です。

 

エクステンションは、

・一つの波に複数の波が存在する。

・1波、3波、5波のいずれか一つに現れる

・エクステンションは値幅が大きく伸びることが多い

 

という特徴があります。

 

 

エクステンションが発生しやすい波動が3波5波と言われています。

特に3波は、1波と5波に比べ比較的大きな値幅で動きやすいので、自然とエクステンションする確率も高くなってきます。

逆に1波がエクステンションするのは稀です。1波はまだトレンド転換に懐疑的な市場心理なので複雑な形を伴って大きく伸びていく場合は少ないと言われています。

 

また、下の図のように、3波の中にさらに小さなエリオット波動を形成する場合もあります。

 

これを利用し、5波の上昇のエントリーポイントを探るという手法も利用できます。

 

3波がエクステンションした場合は、”一つの波しかエクステンションしない”というエリオットの特徴に従えば、残りの5波は通常の波動となりますのでエントリーとエグジットの戦略は立てやすくなります。

 

 

 

BTCのエリオット波動

実際にビットコインのチャートでエリオット波動が確認できた部分を見てみます。

 

チャートは、ビットフライヤーのBTCFX、6時間足です。

 

2018年の4月に安値を付けてから、5月の始めに高値を付けるまでのチャートがエリオット波動により形成されていることがわかります。

初動の1波は、安値を付けてからの反発に見え、小さな下落を繰り返しながら上昇していることがわかります。

3波はやはり一番長く大きな値幅で上昇しています。

5波を付けたあと、下降の3波により大きく下落しその後の下降トレンドのきっかけとなっています。

 

実際のチャートを見ると単純に線を引くことは難しく感じられるかもしれませんが、エリオット波動の条件に当てはめれば、比較的簡単に波動の線を引くことができます。

 

しかし、それは過去の完成されたチャートを見る場合であって、実践で行う場合は常に現在の位置がどの波動であるか予想を立てながらその後のシナリオを考えていく必要があります。

 

エリオット波動+αでエントリー

エリオット波動を意識することで

・相場の現在の位置がわかりやすい(高値圏、安値圏)

・値動きのシナリオが予想しやすい

などのメリットがあります。

 

しかし、先ほどのチャートを見て思った方もいるかもしれませんが、ただ波動を予測しただけでは明確なエントリーポイントを見つけるにはエリオット波動だけでは難しい部分があります。

 

例えば、「2波が1波の上昇を打ち消すことはない」

というエリオットの条件に従い2波の押しでのエントリーを狙った場合、どこまで押すのかが分からなければ無駄なマイナスポジションを持ってしまったり、予想外に押しが浅く期待したポイントでエントリーできない場合があります。

 

そこで、他の指標を併用しエントリーすることでよりエリオット波動を有効に活用することができます。

 

エリオット波動+フィボナッチリトレースメント

フィボナッチリトレースメントは、エリオット波動と相性が良いといわれ良くセットで扱われることが多い指標です。

フィボナッチには、基本となる数字があり、それを利用し相場が反発するポイントを予想することができます。

 

相場で使用されるフィボナッチの基本となる数字は、23.6、38.2、50、61.8、76.4です。

先ほどのビットコインのチャートにフィボナッチの線を引いてみました。

2波の安値から3波の高値までを0%から100%とすると、フィボナッチの数値に4波がどこまで押すのかが絞れてきます。

38.2%50%の近辺で4波の安値を付けていることがわかります。

エリオット波動によりチャートの動きを予想した場合、上記の価格帯でエントリを狙いにいくことが可能になります。

(50%はフィボナッチの法則による数値ではありませんが、フィボナッチ同様に市場から意識される数値なので、通常併せて表示されます。

また、相場が弱ければ23.6%で反発し、強ければ1波の高値付近まで押すこともあります。

 

エリオット波動の周期にはフィボナッチの数値が大きく関係しているといわれていますが、フィボナッチ以外にも水平線トレンドラインチャート形状パターン(ヘッド&ショルダーやダブルボトムorトップ)なども利用し、とにかく世界中の投資家から意識されやすいポイントを把握することがとても大切です。

関連記事

前回はエリオット波動の基本について書きました。 エリオット波動を使用したエントリーの一例を紹介しましたが、今回はフィボナッチリトレースメントについて詳しく書きたいと思います。 [sitecard subtitle=関連記事 ur[…]