【海外FX最大レバレッジ比較】400倍~1000倍 おすすめの倍率は?

海外FXの最大の特徴といえば、高い最大レバレッジの値にあります。

レバレッジが高い=ギャンブル(危険) というイメージから最大レバレッジ25倍の国内業者を利用する方も多いかと思います。

しかし、自己資金を安全に運用するという点においては、実は海外FXのハイレバレッジが圧倒的に勝っています。

最大レバレッジ400倍や1000倍の海外FXブローカーを利用することで、取引手法の幅と、安全性が別次元で変わってきます。

関連記事

国内であれば25倍、海外FX業者であれば500~1000倍で設定されているのがレバレッジです。 レバレッジはFX取引をする上で効率よく資産を増やす為の最大の武器と言えます。 初心者の方は、ハイレバレッジになると高リスクやギャンブ[…]

 

しかし海外FXブローカーの中でも、400倍500倍888倍1000倍などブローカーにより最大レバレッジの値が変わってきます。

あまり意識せずブローカーを選ぶ方も多いとは思いますが、本記事では最大レバレッジの違いによりトレードにどのような影響が出てくるのかを詳しく解説します。

おすすめの最大レバレッジの値についても説明していきたいと思います。

 

最大レバレッジの考え方

※この項では、最大レバレッジについての基礎知識となります。中級者以上は読み飛ばしても構いません。

レバレッジは、少ない元金を何倍にもして取引できるシステムと理解している方が多いと思います。

例えば、最大レバレッジ1000倍の業者では、たった1万円で1000万円の取引ができることになります。

この考え方はとても夢がある一方で、ハイレバレッジはギャンブル性が高くとても極端な投資のシステムであることを印象付けてしまいます。

特に、実トレードの経験が少ない方はこのような理解をしている場合が多いです。

しかし、この考え方は実際のトレードにおいては全く必要のない概念です。

ハイレバレッジの最大のメリットは、ロット当たりの必要証拠金を少なく抑えることができる点です。

以下のように、必要証拠金が少なく済むことで余裕を持ったトレードが可能となります。

 

これを踏まえ、次項から最大レバレッジの値の違いによるトレードへの影響について詳細に考えていきます。

 

 

必要証拠金は最大レバレッジで大きく変わる

前項では、最大レバレッジが高いほど必要証拠金が少なく済む点に触れました。

最大レバレッジ別で見ると、必要証拠金は以下のように変わってきます。

10万通貨(1ロット)の必要証拠金(ドル円110円の場合)

最大レバレッジ 必要証拠金(1ロット)
25倍(国内業者) 438,490円
400倍 27,410円
500倍 21,920円
888倍 12,340円
1000倍 10,960円

海外FX業者の中でも、最大レバレッジが400倍と1000倍では3倍近くの差が出てしまいます。

これにより、自己資金に対してどれくらいのロットを張れるかという資金管理の面で最も重要な点が大きく影響をうけます。

 

 最大レバレッジ400倍のDealFX(ディールエフエックス)

 最大レバレッジ500倍のTitanFX(タイタンエフエックス)

 最大レバレッジ500倍のLANDFX(ランドエフエックス)

 最大レバレッジ888倍のXM(エックスエム)

 最大レバレッジ1000倍のGemForex(ゲムフォレックス)

 最大レバレッジ1000倍のis6com(アイエスシックスコム)

 

最大レバレッジで証拠金維持率も全然違う

最大レバレッジ別の証拠金維持率を比較してみます。

証拠金維持率とは

現在保有しているポジションが残高に対してどれだけの割合を占めているかの値。証拠金維持率が高いほどトレードの余力があることを表している。

 

比較条件は、10万円の残高(有効証拠金)で10万通貨(1ロット)のポジションを持った場合です。※損益とスプレッドは考慮しないものとします。

最大レバレッジ 証拠金維持率
25倍(国内業者) 証拠金不足
400倍 364.8
500倍 456.2
888倍 810.4
1000倍 912.4

当然ですが最大レバレッジが高いほど証拠金維持率が高く余裕があるトレードが可能です。400倍・500倍と888倍・1000倍では大きな差があります。

最大レバレッジが違う複数のFX業者を使う場合は、同じロット数でも証拠金維持率が大幅に変わってきますので注意が必要です。

自分の基準となる証拠金維持率を決めておくことをおすすめします。

 

ちなみに、証拠金維持率の計算方法は以下となります。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金

有効証拠金 残高 + 評価損益額

 

 

どれくらい違うのかわかりやすく!

図解により視覚的に見てみましょう。

比較条件は、

  • 10万円入金
  • 1ロット(10万通貨)
  • スプレッド、損益は考慮しない
  • ドル円110円で算出

以上の条件の上で各最大レバレッジ別に比較してみました。

 

400倍と1000倍では、余剰証拠金に1万7千円の差があります。

必要証拠金で言えばたった数万円の差とも思えるかもしれませんが、

値幅(pips)で考えると17pips(17銭)分、1000倍のほうが余裕があるということになります。

よって、余裕を持った安全なトレードをするには最大レバレッジが高いほうがおすすめです。

 

 

それでは、ロット数を上げて2ロットのポジションを持った場合で比較してみましょう。その他の条件は同じです。

ロットを上げるとその差はより明確になります。

最大レバレッジ400倍と500倍だと資金の半分近くが必要証拠金で占められてしまいます

対して、888倍と1000倍では残高の8割前後を余剰証拠金として残すことができます

400倍と1000倍では、3万7千円もの差が発生し、pips(値幅)で考えると37pips(37銭)もの大変大きな差です。

このことから、

ロットが大きいトレードほど、高い最大レバレッジのほうが安全

ということがわかります。

 

400倍、500倍のブローカーは不利なのか?

前項までで、

  • 最大レバレッジが高いほど余剰資金が増える
  • 大ロットの取引になるほど最大レバレッジが高いブローカーが向いている

という2点について主に解説しました。

 

それでは、最大レバレッジが低めの400倍や500倍のブローカーは不利なのでしょうか?

答えは、「必ずしも不利にはならない」です。

この理由について、二つの観点から解説します。

 

入金ボーナスで実質的な最大レバレッジが底上げされる

海外FXブローカーの魅力といえば、最大レバレッジの高さ以外に、豊富なボーナス制度が挙げられます。

その中でも入金ボーナスは、入金した額に応じて取引に使えるボーナスが付与される仕組みです。

入金ボーナスがあるブローカーでは、入金額と同額のボーナスがもらえる100%入金ボーナスを設けている場合が多いです。

 

安全に余裕を持った取引をするには、

  • 最大レバレッジが高いブローカーを利用し必要証拠金を抑える
  • より多くの自己資金を投入する

この2点が必要になりますが、後者の方法を入金ボーナスによって実現することが海外FXブローカーでは可能となります。

 

前項と同様に、10万円入金ドル円110円スプレッド・損益は含めない2ロット(20万通貨)取引という条件で比較してみます。

 

 

400倍のブローカーでも100%入金ボーナスを利用することにより888倍や1000倍以上に余裕ある資金管理が可能になります。

言い換えると、入金ボーナスにより最大レバレッジが実質的に引き上げられる形になるということになります。

「気になるブローカーがあるけど最大レバレッジが低い・・」とブローカー選びで悩んでいる方は、入金ボーナスがあるブローカーを選ぶことをおすすめします。

言うまでもなく、最大レバレッジ1000倍&入金ボーナス有りというブローカーは、維持率の高さの点ではまさに鬼に金棒です。

 

 最大レバレッジ400倍のDealFX(ディールエフエックス)

 最大レバレッジ500倍のTitanFX(タイタンエフエックス)

 最大レバレッジ500倍のLANDFX(ランドエフエックス)

 最大レバレッジ888倍のXM(エックスエム)

 最大レバレッジ1000倍のGemForex(ゲムフォレックス)

 最大レバレッジ1000倍のis6com(アイエスシックスコム)

 

低ロットの取引スタイルなら問題ない

大きいロットで取引するには、最大レバレッジが高いブローカーが向いていることを前述しました。

逆に、低ロットの取引であれば、最大レバレッジの違いによる余剰資金(証拠金維持率)の差は少なくなるということが言えます。

よって、あまり大きなロットを張らないトレードスタイルの方であれば400倍や500倍の方でも十分に取引することが可能です。

 

リスクをとって短期間で数倍以上の結果を期待する方には最大レバレッジの高いブローカーが向いていますが、長期的な期間で数%の利益を目標とする方にとっては最大レバレッジが低めののブローカーでも問題ないトレードができると言えます。

特に、「国内業者では最大レバレッジが低すぎるが、ハイレバ業者はリスクが取れるので怖い」という方には400倍や500倍の海外FXブローカーがおすすめです。

 

トレードスタイル別おすすめ最大レバレッジ

最大レバレッジ888倍~1000倍がおすすめの方

  • できるだけ大きいロットでトレードしたい
  • 少額から資産を倍増させたい
  • より大きな余裕を持ったトレードがしたい

高い最大レバレッジのメリットは少ない証拠金でも大きなロットで取引できる点にあります。少額から資産を大きく増やしていきたい方におすすめです。

さらに、必要証拠金が極めて少なく済み余剰資金が多く残るため、長期的なスイングトレードなどで大きな相場の逆行を想定したトレードスタイルの方にもおすすめできます。

 

注 意 点

最大レバレッジが高い海外FXブローカーの場合、大量ロットでトレードできてしまうというリスクが伴います。

ロットあたりの必要証拠金が少ないからといって、取引ロットを無理に上げてしまうと少しの相場の逆行ですぐにロスカットされてしまいます。

少額で大きいロットを張る場合、エントリーや損切りがよりシビアに行う必要があります。さらに適切な証拠金維持率を意識し資金管理を徹底しなければいけません。

 

 最大レバレッジ888倍のXM(エックスエム)

 最大レバレッジ1000倍のGemForex(ゲムフォレックス)

 最大レバレッジ1000倍のis6com(アイエスシックスコム)

 

最大レバレッジ400倍~500倍がおすすめの方

  • 低ロットで長期的なトレードがしたい
  • 大きめの資金を動かす方
  • 国内業者の低レバには不満だがハイレバ業者のリスクも避けたい

あまりリスクを取らないトレードスタイルの方におすすめです。

一定期間に数%の利益を期待する運用方法などに向いていると言えます。

また、大きめの自己資金が投入できる場合、わざわざ高い最大レバレッジを利用し余剰資金を増やすメリットも薄くなるため、400倍や500倍でも十分です。

 

注 意 点

やはり、高めの必要証拠金が必要となってしまうのが一番の難点です。ロットを大きめにとってしまうとすぐにギリギリのトレードとなってしまう可能性が高いです。

特に、これまで888倍や1000倍などの高い最大レバレッジの業者から乗り換えた場合に注意です。同じロット数を保有してしまうとまったく維持率が変わってきます。

この場合、ロット数を目安にするのではなく証拠金維持率をベースに資金管理をする必要があります。