【2022最新】LANDFXロスカットレベル0%の仕様・証拠金維持率まとめ

LANDFXランドエフエックスは海外FX業者としてサービスを展開し10年以上の老舗ブローカーです。

2022年4月よりサービス内容が大幅に一新され、取引条件が大胆に強化されました。

その中でも注目できるのが、ロスカットレベルが0%に変更された点です。

この記事では、LANDFXのロスカットレベルと併せ、ゼロカットのルールについてわかりやすく解説していきます。

また、記事の中ではLANDFXのゼロカット/ロスカットの他社比較をすることで、同社の取引条件の特徴を明確に紹介しています。

 

LANDFXのロスカットレベルは証拠金維持率0%

LANDFXのロスカットレベルは以下のようになっています。

LANDFXのロスカットレベル
ロスカットレベル証拠金維持率0%
マージンコール証拠金維持率30%

 

証拠金維持率とは、現在の資産に対する必要証拠棋院の割合を示す値です。

簡単に言うと、現在のポジションにが口座の残高に対してどれくらいの余裕があるのかを表す数字です。

証拠金維持率は%で表され、マージンコール・強制ロスカット・追証などが発生する際の目安として使われます。

ロスカットレベルは0%

LANDFXのロスカットレベルは証拠金維持率0%です。

含み損が大きくなり、証拠金維持率が0%に達すると取引中のポジションが強制決済されます。

ちなみに、LANDFXリニューアル前のロスカットレベルは30%でした。

マージンコールは30%

マージンコールとは、証拠金維持率が低くなり強制ロスカットに近づくと通知されるアラートです。

マージンコールが発生することでポジションが決済されることはありませんが、新規でポジションを持つことができなくなります。

また、マージンコール発生中は、MT4の損益画面が赤く表示が変わります。

 

LANDFXのロスカットレベル0%のメリット

ロスカットレベル0%のメリット
  • 強制ロスカットになりにくい
  • 口座の資金全てを取引に回せるので資金効率が最大
  • 口座の資金を全て使い含み損に耐えることができる
  • 強制ロスカット後に中途半端な資金が残らない

ロスカットレベルが証拠金維持率0%だと、自己資金の全て取引に回せるため、資金効率が最大のトレードができます。

ロスカットレベルが30%だと、口座にまだ余剰があるのに維持率30%で強制ロスカットされてしまいます。

対してロスカットレベルが0%だと、口座の資金がゼロになるまで含み損に耐え、相場の反転を待つことができます。

強制ロスカットまでの値幅が遠くなるので、含み損があっても相場が反転するまでの余剰が大きくなります。

また、証拠金維持率20%や30%で強制ロスカットされてしまうと、口座に中途半端な資金が残されてしまいます。

 

 

LANDFXのロスカットレベル0%の口座タイプ

LANDFXでは3つの口座タイプが選べますが、ロスカットレベル0%の口座タイプはスタンダード口座とプライム口座です。

口座タイプ別ロスカットレベル
口座タイプマージンコールロスカットレベル
スタンダード口座30%0%
プライム口座30%0%
ECN口座50%30%

スタンダード口座は、最低入金額1000円から始められる口座タイプです。

プライム口座は、スタンダード口座より大幅にスプレッドが狭い口座タイプですが、最低入金額が3万円からとなっています。

ECN口座はスプレッドと約定力に優れた口座ですが、ロスカットレベルが30%で取引手数料もかかる口座タイプです。

 

LANDFXの強制ロスカットって?

アユミ
強制ロスカットって何となくしか理解してなかったなぁ
管理人
強制ロスカットは国内・海外業者含めほとんどの業者で採用されているシステムだよ

ロスカットレベルは、損失がこれ以上膨らむことを防止するためにポジションが強制決済される証拠金維持率のことですです。

ロスカットレベルは業者によってはストップアウトレベルとも呼ばれます。

実際の運用では、取引ツールのMT4やMT5上で表示される証拠金維持率がロスカットレベルに達するとポジションが強制決済されます。

強制ロスカットの目的は、これ以上の大きな損失を被り追証とならないためです。

また、業者側のリスクを軽減する目的でも強制ロスカットが用いられています。

ゼロカットとの違い

ロスカットとゼロカットは言葉が似ていますが、その性質や役割は全く異なります。

強制ロスカットは、あらかじめ決められている証拠金維持率に達するとポジションが強制決済される仕組みです。

 

相場の急変動などにより万が一強制ロスカットが間に合わなかった場合、口座残高がマイナスになってしまうことがあります。

マイナス残高を業者が補填しゼロに戻してくれるのがゼロカットです。

簡単なイメージとしては、強制ロスカットは顧客資産を守るための防衛ライン、ゼロカットは防衛ラインが敗れた後の救済措置といったところです。

どちらも顧客の資産を保護する目的という点では変わりはありません。

 

証拠金維持率の計算方法

ロスカットレベルの基準になる証拠金維持率の計算方法について紹介します。

証拠金維持率は、取引の余裕を示す値ですが、その値は下記の計算式によって算出されています。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100
※有効証拠金は口座残高+損益で計算されます。
※必要証拠金は、1取引あたりに必要な証拠金の額です。
計算例
  • 残高:10万円
  • 1ロット(10万通貨)保有
  • 必要証拠金は1万円
  • 含み損:2万円

有効証拠金(10万円 - 2万円) ÷ 必要証拠金1万円 × 100 = 証拠金維持率800% 

上記のように証拠金維持率が求められます。

少し複雑な計算式なので細かく覚える必要はありませんが、ある程度仕組みを理解しておくことで取引にとても役立ちます。

 

ロスカットレベル0%とゼロカットは最高の組み合わせ

ロスカットレベルが証拠金維持率0%だと、口座残高がゼロなるまでポジションを持ち続けることができます。

ただ、必ずしも丁度残高ゼロで強制決済されるとは限りません。

予期せぬ相場の急変動やスプレッドの急拡大などで、ロスカットが間に合わず残高がゼロ以下のマイナスになることもあります。

このような時に発動するのがゼロカットです。

業者側がマイナス分を補填してくれることで、残高をしっかりとゼロに戻してくれます。

強制ロスカットとゼロカットの二段構えでリスクを回避する仕組みです。

管理人
ロスカットレベル0%はゼロカットがあってこそ実現できるシステムなんだね

 

LANDFXのロスカットレベル他社比較

LANDFXのロスカットレベルは証拠金維持率0%ですが、他社の場合はどうなっているでしょうか。

 

海外FX業者ロスカットレベル比較

業者マージンコールロスカットレベル
LANDFX30%0%

IS6FX
50%20%

GEMFOREX
50%20%
FXGT50%20%

XM
50%20%

easyMarkets
70%30%

IFOREX
0.25%0%

FXByond
100%20%

Axiory
50%20%

Exness
30%0%

海外FX業者で一般的なのは、マージンコール50%、ロスカットレベル20%です。

LANDFXのロスカットレベルは証拠金維持率0%となっており、業界最低値です。

LANDFXののの他には、iFOREXやexnessが0%のロスカットレベルです。

 

LANDFXでの強制ロスカット対策

LANDFXでは強制ロスカットレベルが0%なので、他社に比べるとロスカットになりにくい仕組みです。

ただし、リスク管理がおろそかになっていると、LANDFXでも簡単にロスカットになってしまうので気を付けましょう。

強制ロスカットは、トレーダーにとって最も避けなければならない状況です。

ロスカットにならないコツを覚えておき、いざという時に確実に実行できるようにしましょう。

  • 損切りを徹底する
  • 自己資金に対し適切な取引ロット
  • 追加入金をする

ロスカットレベルに達する前に損切りをする

損切りは、相場において最も重要な要素の一つですが、実際に損切りを実行するのは様々な心理的要素が邪魔をしなかなかできない人も多くいます。

「相場が反転して含み損が減るかもしれない」

「もう損切りしたところで・・」

上記のような経験をしたことがある方も多いと思います。

勝率100%の勝率が確率されていない相場の世界では、致命傷を受ける前に必ず損切りをしなければいけません。

できれば、エントリーと一緒に損切りの価格を指値で予め設定しておくのがおすすめです。

  • 損失として許容できる額をもとに決める
  • 重要ライン割れより少し幅を持って設定する
  • 自分の戦略が崩れたと判断できるラインに設定する

最も大切なのは致命傷を避けるということです。そのため、「これくらいなら失っても余裕がある」という額を最初に決めましょう。

資産の10%など割合で決めても構いません。

損切りポイントは、重要ラインに設定する方が多いですが、重要ラインを突破された少し上(下)に設定するのがおすすめです。

理由は、多くの損切りが集まる重要ラインに意図的に到達させる大口の動きがあるからです。この動きをダマシと言います。

ダマシの動きは、多くの損切りを誘発させた後に反転するのが特徴なので、損切りラインも余裕を持って設定しましょう。

また、ダマシに惑わされない方法として、1時間足や4時間足のローソク足が損切りライン上で実体で確定するのを待つのも一つです。

損切りの重要な考え方としては、自分の戦略が誤っていたと認め潔く撤退することです。

この為には、明確なトレードシナリオを戦略として設定し、それが崩れたと冷静に判断することが大切です。

自己資金に対して適切な取引ロットを設定する

資金管理ができていないと、無謀なトレードで一瞬で自己資金を失ってしまいます。
例えば、10万円の自己資金を運用するなら以下の取引量を目安にしましょう。
おすすめ取引量
長期的に堅実トレードするなら
利益率5%~10%/1日
0.2~0.5ロット
ある程度の利益を狙うなら
利益率10%~30%
0.5~1ロット

LANDFXは、最大レバレッジが無制限で取引量の自由度が高いので、取引量の調整は身長に行いましょう。

追加入金をする

できれば避けたい状況ですが、強制ロスカットが目前に迫ってしまった場合、追加入金をし証拠金維持率を上げるのも一つの手です。

LANDFXの入金方法は、

  • クレジットカード(VISA、MasterCard)
  • 銀行送金(国内銀行)
  • STICPAY
  • bitcoin

クレジットカードなら即時、銀行送金なら1時間前後で取引口座に反映されます。

どの入金方法でも手数料は無料なので気軽に入金することができます。

 

LANDFXロスカットレベルまとめ

 

 

豪華ボーナスで海外FXを始めよう!限定キャンペーン実施中
全20社海外FXボーナスランキング