【LANDFX】強力なメリットと悪評判の理由を徹底解説

LANDFX(ランドエフエックス)はニュージーランドに本拠地を置く海外FXブローカーです。

日本では2014年にサービス開始された比較的新しいブローカーです。

この記事では、LANDFXを使うメリットだけではなくLANDFXの弱点までを実利用に基づいた情報で紹介していきます。

また、気になる出金拒否による悪評の詳細についても詳しく検証しています。

LANDFXの強み

  • 業界最狭レベルのスプレッドで取引コスト◎
  • 上限50万円の100%入金ボーナスがいつでも適用
  • 高速約定でサクサクトレード
  • 国内銀行入金可能。bitcoinでの入金もOK
  • 丁寧な日本語サポートが好印象

LANDFXの弱み

  • スプレッドの動きが荒い
  • ボーナスの利用規定が厳しい
  • 入出金方法が少ない
  • 銘柄によってレバレッジ制限がある
  • 出金拒否の事例がある
関連記事

海外FXといえば豪華なボーナス制度ですが、多くのブローカーがプロモーションとして提供する100%入金ボーナスをLANDFXは業界最高といえる条件で提供しています。LANDFXの100%入金ボーナスは、LPボーナス口座を開設することで[…]

\50万円まで100%ボーナスがいつでももらえる/

LANDFX 公式サイト

目次

LANDFXのスプレッドは業界トップレベル

LANDFXの最大の特徴の一つが、業界最高レベルの低スプレッドです。

メジャー通貨で大手他社とLANDFXのスプレッドを比較してみましょう。

通貨ペアLANDFXXMGEMFOREXiFOREX
USD/JPY0.7pips1.6pips1.3pips0.9pips
GBP/JPY1.8pips3.3pips1.9pips2.9pips
EUR/JPY1.3pips2.5pips1.4pips1.2pips
AUD/JPY2.0pips3.3pips1.6pips1.5pips
EUR/USD0.7pips1.7pips1.3pips0.8pips
GBP/USD1.2pips2.1pips2.2pips1.0pips
EUR/GBP1.2pips2.0pips1.5pips1.4pips

大手他社と比べると、ペアによっては他社より若干広いものもありますが、全体的にLANDFXが最も低いスプレッド値を提供していることがわかります。

ちなみに、上記の比較表は各社のスタンダード口座(STP)にあたる口座タイプで比較したものです。

 

次に、各社から提供されるゼロスプレッド系の口座(ECN)と比較してみます。

通貨ペアLANDFXXM(ゼロ口座)TitanFX(ブレード口座)Axiory(ナノスプレッド口座)
USD/JPY0.7pips1.1pips1.0pips0.9pips
GBP/JPY1.8pips2.1pips2.1pips2.9pips
EUR/JPY1.3pips1.6pips1.4pips1.2pips
AUD/JPY2.0pips2.0pips1.8pips1.5pips
EUR/USD0.7pips1.1pips1.0pips0.8pips
GBP/USD1.2pips1.4pips1.5pips1.0pips
EUR/GBP1.2pips1.6pips1.5pips1.4pips

ゼロスプレッド系の口座は、極狭スプレッドが提供される代わりに手数料が徴収されるタイプの口座です。

よって、上記の表では手数料を含めたトータルの取引コストとしての値を記載しています。

LANDFXからもECN口座が提供されていますが、あえてスタンダードなLive口座のスプレッド値と比較しています。

スプレッドの変動幅を考えると同じ条件とは言えませんが、それでも他社のゼロスプレッド系口座を上回る取引コストであることがわかります。

スプレッドが低くなるほど、少ない値幅を狙いに行く手法、高回数の取引を行う手法の優位性が高まります。

また、軍資金に対して大きなロットを張る場合でも、スプレッドが狭い分より多くの余剰を残した有利なトレードが可能になります。

 

ちなみに、以下はMT4でのリアルなLANDFXのスプレッドの値です。

公表されている平均値とは値は異なりますが、それでも狭いスプレッドであることがわかります。

LANDFXでは、変動スプレッド制をとっているため相場のオープン・クローズ時や有事の場合などスプレッドが大きく拡大する場合があります。
LANDFXでは、スキャルピングを制限していませんので狭いスプレッドは短期売買をする方にかなり有利に働くと思われます。
スプレッドが低いと、損益がプラスになるまでの時間が短くなったり、資産に対して大きめのロットを張る場合も有効額に大きな余裕が生まれたりと、メリットはたくさんあります。

さらに詳しいスプレッドを見る

 

LPボーナス口座”Restart”は業界随一の好条件

LANDFXでは2017年からLPボーナス口座が提供されていましたが、2021年2月で終了となりました。

2021年3月からLPボーナス “Restart”として以前と同じ内容でキャンペーンが再開されました。

LANDFXの最大の特徴の一つであるのが、100%入金ボーナスキャンペーンのLPボーナスです。

LPボーナスは、他社の100%入金ボーナスに比べ好条件なため多くのユーザーが利用するキャンペーンとなっています。

入金ボーナスとは、入金額に応じて一定のパーセンテージでボーナスが付与されるという海外FX業者のプロモーションです。

50%入金ボーナスでは入金額の半分、100%入金ボーナスでは入金額と同額のボーナスが口座に付与されます。

ボーナスは出金ができませんが、取引の証拠金として利用することができます。

例:1万円を入金した場合

入金分 1万円 + ボーナス分 1万円 = 証拠金 2万円

LANDFXのLPボーナスの条件は、

  • 上限額が高額(50万円)
  • 口座開設するだけ
  • 回数は無制限
  • 期間は無期限(未定)

ひとつひとつは他社でも同様の条件はありますが、全て条件がそろっているのはLANDFXのLPボーナスのみです。

特に、「高額な上限額+常時ボーナス適用」という条件がセットになっているのはLANDFXだけです。

他社の場合、

  • XMだと常時100%ボーナスがもらえるが上限額が5万円と少額。
  • iFOREXの入金ボーナスも期限はないが初回入金のみに限られている。
  • GEMFOREXやIS6FXは上限額が100~500万円と高額だが、キャンペーン期間が短かったり抽選の場合がある。

各社のボーナスプロモーションの良い点を併せ持つのがLANDFXのLPボーナスです。

入金のタイミングが限定されないため計画的に資金を投入することができます。また、上限額まで何度でもボーナスがもらえるので資金が溶けてもまたボーナスをもらって再スタートすることが可能です。

※ハイレバレッジの取引をして繰り返し入出金する手法は、ボーナスアービトラージと見なされる場合があるので注意しましょう。

一見すると派手なボーナスに見えないかもしれませんが、条件をトータルで考えると間違いなく業界トップのボーナス条件です。

制限が少ないので、少額を何度も入金したり一度に大きな資金を投入したりと自由度が高いのがLPボーナスの特徴です。

また、定期的に限度額をリセットするキャンペーンも行っているので、継続してボーナスをもらいたい方にはぜひおすすめのプロモーションです。

ボーナス詳細記事

海外FXといえば豪華なボーナス制度ですが、多くのブローカーがプロモーションとして提供する100%入金ボーナスをLANDFXは業界最高といえる条件で提供しています。LANDFXの100%入金ボーナスは、LPボーナス口座を開設することで[…]

 

入金10%ボーナス&リカバリーボーナス

LANDFXでは、LPボーナスの他に通常ボーナス制度として入金10%ボーナスリカバリーボーナスが設けられています。

こちら二つのボーナスはLive口座限定のプロモーションです。

入金10%ボーナス

入金10%ボーナスは、名前の通り入金額に対して10%のクレジットボーナスが付与されるシステムです。

入金10%ボーナスを受け取る条件は以下の通りです。

  • 初回入金時に適用
  • 30,000円以上の入金が対象
  • 上限は300,000円まで
  • Live口座限定
  • 規定のロット数の取引
  • ボーナスリクエストのメール

このボーナスの最大の特徴は、出金が可能という点です。一般的な海外FXのボーナスというよりはキャッシュバックにあたるプロモーションです。

10%入金ボーナスを受け取るために必要な取引量
入金額ボーナス付与額(10%)必要取引量(ロット)
30,000円3,000円6Lot
50,000円5,000円10Lot
100,000円10,000円20Lot
250,000円20,000円50Lot
500,000円50,000円100Lot
100,000円10,000円200Lot
250,000円20,000円500Lot
300,000円30,000円600Lot
ボーナスリクエストメールの内容
アドレスaccount@land-fx.comに、LANDFXに登録したメールアドレスから以下の内容を送信します。
タイトル:10%入金ボーナス申請/12345←Live口座番号を記入
本文:名前(ローマ字) 、Live口座番号、初回入金額、取引きLot数(概算でOK)

10%という少ない付与率に対して条件が厳しく手間もかかる印象です・・

 

リカバリーボーナス

リカバリーボーナスは、ロスカット(損切り)した際に残高が3,000円以下になった場合、入金額の5%のクレジットボーナスが付与されるしシステムです。

こちらも以下のような条件があります。

  • 初回入金額30,000円以上が対象
  • 1回のみ適用
  • 規定のロット数の取引(入金10%ボーナスの条件と同じ)
  • ボーナスのリクエストメール(入金10%ボーナスとはアドレスが違うので注意)
ボーナスリクエストメールの内容
アドレスjapan.support@land-fx.comに、LANDFXに登録したメールアドレスから以下の内容を送信します。
タイトル:リカバリーボーナス申請/12345←Live口座番号を記入
本文:名前(ローマ字) 、Live口座番号、初回入金額

仮に30,000円入金していた場合、1,500円分のクレジットボーナスが入ります。

入金10%ボーナスとリカバリーボーナスはLive口座のみのキャンペーンとなっています。

LPボーナスのインパクトに比べると、どちらも正直あまり大きなメリットとは言えません。

ボーナスが目的であれば、迷わずLPボーナス口座を開設し100%入金ボーナスを利用することをおすすめします。

\50万円まで100%ボーナスがいつでももらえる/

LANDFX 公式サイト

 

最大レバレッジ500倍

LANDFXでは、最大レバレッジが500倍に設定されています。

最大レバレッジが高いことで少額の証拠金で取引が可能になります。

ドル円100円の時に10,000通貨(0.1ロット)の取引に必要な証拠金

LANDFX(500倍)国内業者(25倍)
2,000円40,000円

ロットあたりの必要証拠金が極めて少なく済むので、少額からでも十分取引することが可能です。

海外FXブローカーの中では、最大レバレッジ500倍は高くない値ですが、LPボーナス口座で100%入金ボーナスを合わせると、実質的に2倍の最大レバレッジで取引することが可能です。

最大レバレッジは500倍と、業界では”並”といったところです。

888倍や1000倍などのブローカーから移行する場合、必要証拠金が約2倍近くかかり、証拠金維持率もかなり低くなります。

普段から低ロットで取引する方には誤差の範囲と言えあまり気にする点ではありません。

しかし、大ロットが手法の場合は、有効額に対して必要証拠金が占める割合が大きくなり、ロスカットレベルに近い取引となってしまいます。

 

LANDFXでは追証が発生することも?

LANDFXでは、追証なしのゼロカット制度を採用していますが、公式サイトでは追証の可能性があるとの内容の記載があります。

ゼロカット&追証とは

ゼロカットとは、損失を受け残高がマイナスになった場合、業者側がマイナス分を負担してくれるシステムです。

ゼロカットが適用されるとマイナスの残高がゼロに戻ります。よって、入金額以上の損失を得ることはありません。

追証とは、逆にマイナス分の証拠金が請求されることを言います。

LANDFXのゼロカットは申請が必要??

LANDFXでは、残高がマイナスになった場合サポートへ申請をしなければならないという旨が公式サイトに記載されています。

しかし私が使った限りでは、マイナス表記になっても約10分前後で残高は自動でゼロにもどりました。

ゼロカットを利用して無理なトレードを抑制するための注意喚起と思われますので、常識的なトレードをしている分には自動でゼロカットが行われるようです。

もし自動で残高ゼロにリセットしない場合は、公式のアナウンス通りサポートに連絡してましょう。

追証に関してのサポートの回答

追証につきましては、弊社ホームページに「まれにリスク管理がされていないと判断するお取引きに関して、追証させて頂くこともございます」とご案内差し上げていますが、現在までに実際に追証を行ったケースはなく、通常のお取引を行われる上ではまず問題になることはございません。
ただ損失を出し続けているにも関わらず、無謀な取引を続けられた場合などはリスク管理が行われていないと判断させていただく場合もあり得ま
追証を行った事例はないとのことです。
ただし、無謀な取引を繰り返す場合は、追証以外の措置(口座凍結や入出金停止)が行われる場合があるので注意が櫃ようです。

高性能”MT5”が利用可能

MT4・MT5は、ロシアのMetaQuotes Software Corp.が開発した世界で最も利用されている取引アプリです。

MT5がMT4より優れている点は以下の通りです。

  • 動作スピードが速い
  • 時間足の種類が多い
  • 個別株や仮想通貨取引が可能

MT5は、MT4に比べチャートの読み込み時間が早くなっています。特にアプリ版では起動からすぐにチャートが表示されます。

また、時間足の種類もMT4より多くより細かなチャート検証が可能となります。

個別株や仮想通貨なども取引できるのがMT5の大きなメリットですが、LANDFXからはそれらの取引銘柄は提供されていません。

MT5はソフトウェアの動作スピードが速いので、LANDFXの早い約定速度と相性が良いため快適性を重視する方はMT5を利用するのがおすすめです。

ただし、外部から入手したMT4用のカスタムインジケーターなどはMT5では利用できません。

また、もともとLANDFXでは個別株や仮想通貨が提要されていませんので、動作速度以外でMT5を利用するメリットは薄いと言えます。

 

LANDFXではスベリや約定拒否はほとんどなし

LANDFXでは世界中に点在する30以上のデータセンターを利用することで効率の高い通信ルートを構築しています。

また、ブローカーとリクイディティプロバイダーの仲介訳であるEquinix、PrimeXm、RousTechなどのブリッジブローカーと提携することにより、遅延の少ない取引環境を提供しています。

FXの約定は、ユーザーが高性能のPCや高速な回線を使っていても、ブローカー側のネットワーク設備が貧弱では意味がありません。その点、LANDFXではインフラにコストをかけることで快適な取引環境を提供しています。

実際にLANDFXで数か月トレードしたところ、約定の遅延や注文の拒否は見られませんでした

リクオートオフクオートにも遭遇することはなく、約定はサクサク通りほとんどストレスなく取引することができました。

この理由の一つにはLANDFXがDD方式という取引方式を採用している可能性があるためです。これについては記事の後半で詳しく解説します。

 

株式指数・メタル・資源など取引できる商品が豊富

LANDFXでは、為替ペアだけではなく株式指数から貴金属まで合計90種類以上もの金融商品を取り扱っています。

  • FX通貨ペア 67種
  • 株式指数 15種類  日経平均225、ダウ30など
  • 貴金属 8種類  ゴールド、シルバーなど
  • エネルギー 3種類  ブレント原油など

FX通貨ペアはメジャーペア、マイナーペアがまんべんなくラインナップされています。

株式、貴金属、エネルギー関連も取引できますが、銘柄は代表的なものに限られます。

株式指数・貴金属は200倍、エネルギー関連は100倍にレバレッジ制限がかけられます。

為替の500倍より大きな証拠金が必要となるのでポジションをとる場合は必ず必要証拠金を計算しましょう。

株式指数や貴金属の銘柄名の後ろに”mini”と表記があるものは、ロットあたりの取引数が一桁少なくなっています。そのため、値動きが荒い商品などではminiの表記があるもので安全に取引することができます。

取引銘柄のラインナップについては、”可もなく不可もなく”といった印象です。

どの銘柄カテゴリにしても、マニアックな銘柄はほとんどなく、海外FXブローカーで取引できるごく一般的な銘柄のラインナップとなっています。

他社と比較した場合、銘柄数によるアドバンテージはありません。銘柄数にこだわるならば、iFOREXeasyMarkets、仮想通貨取引ならばFXGTをおすすめします。

関連記事

LANDFX(ランドエフエックス)は、為替ペアだけではなくCFD(商品差金決済)取引をすることが可能です。CFD商品の一つであるゴールドは、ハイボラティリティかつ比較的トレンドが読みやすいため人気の取引商品です。しかし、ゴー[…]

FX通貨ペアの一覧 67種
USD/JPYGBP/JPYEUR/JPYEUR/USDAUD/CAD
AUD/CHFAUD/JPYAUD/NZDAUD/USDCAD/CHF
CAD/JPYCHF/JPYEUR/AUDEUR/CADEUR/CHF
EUR/CZKEUR/DKKEUR/GBPEUR/HKDEUR/HUF
EUR/MXNEUR/NOKEUR/NZDEUR/PLNEUR/RUB
EUR/SEKEUR/SGDEUR/TRYEUR/ZARGBP/AUD
GBP/CADGBP/CHFGBP/CZKGBP/DKKGBP/HKD
GBP/HUFGBP/MXNGBP/NOKGBP/NZDGBP/PLN
GBP/SEKGBP/SGDGBP/TRYGBP/USDGBP/ZAR
NOK/SEKNZD/CADNZD/CHFNZD/JPYNZD/SGD
NZD/USDUSD/CADUSD/CHFUSD/CNHUSD/CZK
USD/DKKUSD/HKDUSD/HUFUSD/ILSUSD/MXN
USD/NOKUSD/PLNUSD/RUBUSD/SEKUSD/SGD
USD/TRYUSD/ZAR
株式指数の一覧 15種
US30 WallStreet30US30(mini) WallStreet30(mini)EU50 Stoxx50
UK100 FTSE100FR40 CAC40JP225 Nikkei225
AU200 ASE200US100 US Tech100US100(mini) US Tech100(mini)
SP500 SPX500SP500(mini) SPX500(mini)Spain35 IBEX35
HK50 Hong Kong50DE30 Germany30DE30(mini) Germany30(mini)
貴金属の一覧 8種
XAU/USDXAU/USD(mini)XAU/EURXAU/AUD
XAG/USDXAG/AUDXPD/USDXPT/USD

XAU = ゴールド、XAG = シルバー、XPD =パラジウム、XPT = プラチナ

※現在、XPD/USDとXPT/USDは提供停止中

エネルギーの一覧 3種
BrentCrudeNGas

\50万円まで100%ボーナスがいつでももらえる/

LANDFX 公式サイト

 

LANDFXのスワップポイント

スワップポイントは日付を跨いだ際に各通貨の金利差により発生するポイントです。

下記の表は、ドル円110円時に1ロット(100,000通貨)保有した場合のスワップポイントです。※数値は記事作成時点のレートを参考にしています。

銘柄買い売り
ポイント円換算ポイント円換算
USD/JPY-0.69-69円-0.88-88円
GBP/JPY-1.05-105円-1.06-106円
EUR/JPY-0.98-98円-0.78-78円
EUR/USD-0.97-103円-0.72-76円
AUD/JPY-0.68-68円-0.63-63円
NZD/JPY-0.46-46円-0.63-63円
USD/TRY-47.71-679円-21.71-309円
USD/MXN-74.81-366円9.1945円
USD/ZAR-53.63-339円-14.75-93円

買いも売りもほとんどがマイナススワップのペアとなっています。

スワップは全体的に低めのポイントです。

ほとんどがマイナススワップなのでスワップ狙いの長期保有はLANDFXは向いていません。

ただし、全体的にポイントが低いため、日付をまたぐトレードにおいてスワップを気にせずトレードすることができます。

 

信頼性の高い金融ライセンス保有

LANDFXは、以前からニュージーランドの金融ライセンス(FSP)を保有していました。

2016年に入りイギリスの英国金融行為監督機構の金融ライセンス(FCA)を取得し信頼性を更に高めました。英国の金融ライセンスは取得難易度が高く海外FX業者の中でも保有している業者は多くはありません。簡単に言うと、イギリス英国金融行為監督機構のお墨付きということになります。

イギリス金融ライセンス(FCA)を保有していることで、サービスの運営が厳格なチェックのもと行われることとなります。

さらに、倒産などの万が一の事態が起こった場合、信託保全として最大5万ポンド(約700万円)が保証されます。

ただし、英国のFCAライセンスを所持しているのは欧州向けの法人である”LAND-FX UK Limited”です。

日本向けの法人である”Land Prime Ltd.”はライセンスを保有していません。

同じグループ企業がFCAのライセンスを保有していることは一定の評価に値しますが、LANDFXのグループ全体でどこまで同じレベルの運営がなされているかは不明です。

 

日本語サポートの対応が素早く丁寧

LANDFXのサポートは以下の手段でコンタクトをとることができます。

連絡手段連絡方法
ライブチャット公式サイト右側アイコンから
電話(折返しリクエスト)公式サイト右側アイコンから
Facebook(メッセンジャー)公式Facebookアカウントとコンタクト
公式サイト専用フォーム公式サイト-お客様サポートから
メールjapan.support@land-fx.com

24時間問い合わせは受け付けていますが、日本語での対応は平日10時~18時までの間になります。

最短で当日中、遅くても翌日には返答が送られてきます。

連絡手段は、確実に日本人が対応してくれる問い合わせフォームやメールで行うのが良いでしょう。

電話をする場合は、ユーザー側からコールすることも可能ですが、国際通話となるため公式サイトから折返し電話のリクエストをすることをおすすめします。

日本語対応については日本人が全て対応してくれます。

また、細かな質問にも具体的な返答をもらうことができ丁寧なサポート対応という印象です。

マニュアルのコピペのような返答は一切ありませんでした。

 

欧州サッカークラブのスポンサー

LANDFXは、ヨーロッパサッカーの有名クラブチームのスポンサーとなっています。

ドイツブンデスリーガ1部の「FSVマインツ05」とイングランドプレミアリーグ2部の「クイーンズパークレンジャーズFC」のスポンサーを務めています。

欧州のサッカーリーグはクラブ単位とのスポンサー契約で莫大な金額が必要です。その金額は数億~数十億単位です。

欧州サッカークラブのスポンサー料を支払えるということは、企業として潤沢な資金を保有している証拠で、一定の信頼を保証する材料の一つとなります。

また、ヨーロッパの中でも複数国のチームにスポンサー料を拠出していることからワールドワイドに活動している国際企業であることがわかります。

 

LANDFXの評判が悪い理由

LANDFXでは過去に出金拒否にあったという情報がネット上に存在します。

この情報が拡散し、現在でもLANDFXに対してあまり良いイメージをもたないユーザーもいます。

詳しく調査した結果、出金拒否の事例では規約に違反したユーザーの腹いせ行為でネットに悪評が流れたようです。

実際は利益分の無効という処置がされたようです。

“LPボーナス口座”が最大の理由

LANDFXで利益没収や口座凍結が多い原因は、”LPボーナス口座”にあります。

LPボーナス口座は、他社の入金ボーナスに比べ極めて簡単に入手できる仕様のため、悪用も容易にできてしまいます。

そのため、LPボーナスの扱いについて他社のボーナス制度よりも厳しいルールが設けられています。

しかし、規約をしっかりと確認せず他社と同じ使い方をするユーザーが多いため、規約違反の件数が多くなっています。

規約違反が多いことはそれだけ利益没収や口座凍結などの対処をされたユーザーが多いということになりますので、必然的に悪い情報が出回ってしまうということになります。

LANDFXに限らず海外FXトレーダーの多くは、『出金拒否がある業者=怪しい業者』というイメージを持っているかもしれませんが、その大部分は規約を確認せずに不正行為を行ってしまった結果の対応です。

ボーナスアービトラージが横行

いつでも何度でもボーナスが入るLPボーナス口座を利用することで、ボーナスアービトラージが簡単にできてしまうのも、違反行為が多くなる理由のひとつです。

ボーナスアービトラージとは

「ハイレバレッジで取引し利益が出たら出金、損失はボーナスにカバーさせる」というのがボーナスアービトラージの手法です。

一般的にはボーナスアービトラージは、複数口座による両建てで行われます。

しかし繰り返しボーナスが手に入るLPボーナス口座では、トレードと入出金を繰り返すことで実質的に一つの口座でもボーナスアービトラージが可能となってしまいます。

「ハイレバでゼロカット→再入金」を海外FXユーザーなら自然と行う場合が多いでしょう。しかし、LANDFXではこの行為がボーナスアービトラージと見なされる可能性があります。

故意的に行うことは論外ですが、無意識にボーナスアービトラージになるケースが多いのも、利益没収や口座凍結が多い理由の一つです。

関連記事

ボーナスを提供する多くの海外FX業者で禁止行為とされているのが、ボーナスアービトラージという手法です。ボーナスアービトラージは、高確率で利益を生み出せる反面、ブローカー側に損失を与える行為なので、発覚した場合利益没収や口座凍結、出金[…]

悪評の理由は業者側にも

他のブローカーにも言えることですが、不正行為があった場合ブローカー側からは「どの取引が何の規約に違反したか」が具体的にユーザーに示されることはほとんどありません

「違反の詳細を説明する義務はない」との文言が記載されていますが、利益没収や口座凍結をされたユーザー側からすると、”理由もなしに一方的に出金拒否にあった”という理不尽なイメージを持ってしまいます。

これにより悪徳業者や詐欺業者の情報が出回り自然とイメージが悪くなってしまうというわけです。

口座開設の際に規約に同意していますので、本来であれば抗議する権利はユーザーにはありません。

 

出金拒否の事例に関して、LANDFXに問い合わせたところ、利益分だけでなく入金分まで全額出金拒否という事例はないとのことでした。よって過度に不安になることもないでしょう。

LANDFXに関しては規約を良く確認し(特にLPボーナスの取り扱い)、普通にトレードしていれば特に問題のないブローカーと言えます。

関連記事

海外FXを利用するにあたり「きちんと出金できるのか?」と不安に思う方は多いと思います。不安の大きな要因のひとつとして、海外FXブローカーの「出金拒否」という対応があげられます。この記事では出金拒否が多いと噂のLANDFXの出[…]

\50万円まで100%ボーナスがいつでももらえる/

LANDFX 公式サイト

 

LANDFXの取引条件・レバレッジ制限

LANDFXの取引条件は以下の通りとなっています。

スキャルピング可能
両建て可能
EA(自動売買)可能

スキャルピングとは、数pipsの小さい値幅を狙い短期間に何度も売買する手法です。EAは自動売買ソフトを使い短期的な売買を一定のロジックで繰り返すものです。

以前は、以下のタイミングでのスキャルピングは利用規約によって禁止されていました。

  • 指標発表時などの相場が極端に動く場面
  • EAによる高速売買

規約からこの文言が削除され、現在はスキャルピングやEAの利用が可能となっています。

※ただし、サーバーに不可を掛ける行為は禁止事項となっていますので、短時間のうちに極端な数の取引には注意が必要です。

LANDFXはスプレッドが業界トップレベルに狭いため、スキャルピングとの相性が大変良いブローカーと言えます。

両建ては同一口座では可能ですが、複数口座間・他社との複数口座間での両建ては禁止されています。

特にLPボーナスを使った両建てはボーナスアービトラージとして厳しい対応を取られますので注意しましょう。

また、同一口座ではなくても両建てと見なされる場合があるので注意しましょう。

※例えばUSDJPYのショートとEURUSDのショートなど

 

次に、LANDFXの取引制限は以下のようになっています。

残高Live口座・LP口座ECN口座
5万ドル(500万円)未満500倍200倍
10万ドル(1000万円)未満200倍200倍
10万ドル(1000万円)以上100倍100倍

 

さらに、Live口座とLPボーナス口座では取引量の合計により取引制限がかかります。

残高レバレッジ制限
5万ドル(500万円)未満 かつ 50Lot以上保有200倍
10万ドル(1000万円)未満 かつ 100Lot以上保有100倍
10万ドル(1000万円)以上 かつ 100Lot以上保有 50倍

上記の条件に当てはまった場合、自動的にレバレッジ制限がかかります。大きな資金・取引量でトレードする場合は注意が必要です。

レバレッジ制限がかかると、必要な証拠金が約2倍に大きくなり、有効額を圧迫することになります。

他社と比較する場合、取引条件についてはさほど厳しい条件ではありません。
また、レバレッジ制限に関しても他社と比較した場合緩めの制限値になっています。
最高でレバレッジ制限が50倍と極めて低い値に制限されますが、制限がかかるにはかなりの資金と取引量が必要となりますのであまり気にする必要はないでしょう。

ちなみに、LANDFXの1ポジションあたりの最大保有枚数は30Lotとなります。

 

LANDFXの口座種類

LANDFXには以下の口座があります。

Live口座/LPボーナス口座

手数料無し
レバレッジ最大500倍
最低入金額10,000円($100)
ドル円スプレッド平均0.8pips
ロスカット水準証拠金維持率20%以下
最低取引量0.01ロット(1,000通貨)
1ポジションの最大ロット100ロット(1000万通貨)
最大保有数上限なし

Live口座とLPボーナス口座の仕様に違いはありませんが、LPボーナス口座では最大50万円分までの100%入金ボーナスが付与されます。

対して、Live口座では10%入金ボーナスしか受け取れませんので、迷わずLPボーナス口座を選択しましょう。

LPボーナス口座は入金ボーナスを受け取るための口座ですが、ボーナスがなくなってもそのままLPボーナス口座を使い続けて問題はありません。

特別な理由がなければ、ボーナス面で好条件なLPボーナス口座を開設しましょう。

LPボーナス口座を開設する

 

ECN口座(ノースプレッド)

手数料7ドル/1ロット往復
レバレッジ最大200倍
最低入金額200,000円($2,000)
ドル円スプレッド平均0.3pips
ロスカット水準証拠金維持率20%以下
最低取引量0.01ロット(1,000通貨)
1ポジションの最大ロット100ロット(1000万通貨)
最大保有数上限なし

ECN口座は、極めて低いスプレッドで取引できる代わりに取引の度に手数料が発生する口座です。

ECN(Electronic Communications Network)方式とは

発注された注文が電子的に瞬時に他の注文とマッチングされる仕組み。ファンドやFXブローカー、銀行など大口が参加する私設取引所で注文のマッチングが行われるため、約定能力が高く取引の透明性も高いことが特徴。ブローカーによりスプレッドが上乗せされることがない代わりに、取引手数料が調整されるのが一般的な取引方式。

最低入金額が20万円と高額なので利用するハードルは高くなっています。

Live口座やLPボーナス口座でも約定力が高く、スプレッドも十分狭いためECN口座を積極的に使う理由はあまりないかもしれません。

口座種類に迷った場合は、ボーナスが一番充実しているLPボーナス口座を利用することをおすすめします。

 

LANDFXの短所

ここまではLANDFXのメリットを紹介してきましたが、以下の項ではデメリットを解説します。

ボーナス周りの取引ルールが厳しい

前述した通り、LPボーナスは他社のボーナスより手に入れるのが極めて簡単なプロモーションとなっています。

その為、ボーナスの取扱いに関しては厳しい取引ルールが定められています。

  • 大ロットの取引
  • 繰り返しの入出金

以上は特に注意が必要です。

「無理な大ロットでの取引は推奨しない」という内容が公式サイトに記載されていますが、どの程度が大ロットにあたるかなどは示されておらずあいまいです。

他社では問題なく行える行為も疑われる場合がありますので注意が必要です。

追証が発生する場合がある

基本的には追証なしですが、極端なハイレバレッジの取引は、ゼロカットシステムを損失のカバーに利用した悪質行為と見なされる場合があります。

ゼロカットシステムは、本来はマイナス分の損失をブローカー側が補填するというシステムなので、悪質な場合はLANDFXの審議が入ります。

ただし、これまでLANDFXで追証があったという情報はありませんので、無理なハイレバトレードをせず常識的な運用をしていれば問題はありません。

スプレッドの変動が激しめ

FX業者では全般的に月曜日の相場がスタートするタイミングなどでスプレッドが大幅に広がる場合があります

しかし、LANDFXでは様々なタイミングでスプレッドが広がります。

  • 相場のクローズ時、オープン時
  • 平日朝6時~7時半頃
  • 経済指標時
  • ボラティリティが急激に高まった時

固定スプレッド制のブローカーでない限り、他社でもスプレッドが変動することはあります。

特に、経済指標時や平日早朝、ボラティリティが高まった時などは他社にはあまり見られないタイミングなので注意が必要です。

 

次に、どのくらいスプレッドが拡大するかですが、下記のMT4の画面は、左が通常時、右がスプレッドが広がった時の画面です。

通貨ペアによってはスプレッド値が10倍以上のものもあります。これは、相場のオープン時やクローズ時ではなく経済指標により値動きが大きくなったときのスプレッド値です。

 

対処法としては、

  • ストップロスを浅めに設定しない。
  • 指標時、オープン&クローズ時の新規注文、決済を控える。

ということが挙げられます。

特に大ロットでスキャルピングなどをする場合は注意が必要です。

突発的なスプレッドの広がりはだいたい10分~30分ほどで収まりますので、落ち着いてから注文操作をすることをお勧めします。

スプレッドの変動については、LANDFXだけの現象ではなく、極狭スプレッドを提供しているブローカーは同じように変動幅が大きくなる傾向があります。

CFD銘柄にレバレッジ制限がかかる

為替ペアは全て500倍の最大レバレッジで取引することができますが、CFD(貴金属、エネルギー関連、インデックス)は低い最大レバレッジに制限されます。

貴金属

ゴールド、シルバー等

200倍
エネルギー

原油、天然ガス

100倍
インデックス

日経225、ダウ30等

200倍

※DE30(ドイツ株式指数)のみ10倍

最大レバレッジが低いことで、必要となる証拠金が大幅に多くなります。

最大レバレッジ500倍と思い込んでポジションを取ってしまうと、多額の証拠金がロックされてしまいますので注意しましょう。

おそらくDD方式を採用している

DD方式とは

投資家の注文をインターバンク市場へ直接流すのではなく、FX業者内に留める方式

FX業者内で注文を消化するので、投資家に損失がでた場合はそれがFX業者の利益となります。反対に、投資家に利益が出た場合はFX業者が利益分を支払わなければならなくなります。

このように、投資家とFX業者の間で利益相反の関係となるため、ストップ狩りやレートずらしなどの操作により投資家に損失を与えようとしてくる業者もあります。

しかし、ネットの評判や私自身がトレードした経験からすると、このような不正な操作は見られませんでした。

DD業者のメリットは、約定速度が速くサクサク注文が通るスプレッドが極めて狭いことにあります。約定速度やスプレッドを重視しあえてDD方式を採用している業者もあります。

勘違いされる方も多いかと思いますが、DD方式自体が悪いのではなくDD方式の透明性が低い特性を利用した不正行為を働く業者が一番の悪と言えます。

一部の業者のせいで、DD業者全ての評判が悪くなっている状況があるのは確かです。

LANDFXに関しては、サーバーダウンや約定拒否などの意図的な行為は現在のところ確認されていないので不安に思う必要はありません。

 DD方式のメリット

NDD方式では、直接投資家の注文をインターバンクへ発注するため、合致するレートの反対注文がない場合意図したレートとずれて約定することがあります。

これを“スベリ”と言いますが、DD方式では全ての注文を一旦は業者で受け付けるためスベリの発生はありません。注文がスベらず約定も早いのがDD方式のメリットです。

DD方式やNDD方式の詳しい情報は以下の記事で解説しています。

関連記事

FXを始める上で、業者選びはとても大事な要素の一つですね。スプレッドやボーナス制度、信頼性など、業者選びのポイントとなる点は様々です。業者選びの重要な一つの要素としてとして、取引方式があります。この記事では、FX業者[…]

入出金方法が少ない

LANDFXの入出金の手段は大手他社に比べて少なくなっています。

多くの方が入金手段として利用するクレジットカードはVISAのみとなっています。

また、銀行での入出金については、入金は国内銀行送金でスムーズに行うことができますが、出金では国際送金となり時間と高めの手数料がかかってしまいます。

オンラインウォレットはSTICPAYに対応していますが、よりメジャーなbitwallet(ビットウォレット)には未対応となっています。

関連記事

このページではLANDFX(ランドエフエックス)での入出金方法について、入出金の手段や着金までの時間など詳しく解説しています。50万円まで100%ボーナスがもらえるキャンペーン実施中!LANDFX 公式サイト[sit[…]

 

LANDFXで取引・入出金してみた

資金10万円を入金し、約3か月トレードした感想です。

約定力・約定速度は?

約定力・約定速度は、この記事で紹介しているとおり基本的には問題はありませんでした。リクオート・オフクオートもなくサクサク快適にトレードできた印象です。

しかし、取引量が多い時間帯は約定が遅れることもたまにありました。私は複数のデバイス・通信環境でトレードすることが多いのですが、どの条件においても遅延が発生する場合があったので、おそらくLANDFX側のインフラの弱さがあるのだと思われます。

私は遭遇したことはありませんが、サーバーダウンの情報もありますので取引環境の弱さは一応頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

スプレッドの変動は?

通常時は極めて低いスプレッドを実現しているLANDF Xですが、毎朝7時~8時台、特に金曜日と月曜日の市場の開閉時には大きくスプレッドが開きました。

左が通常時、右がスプレッド拡大時です。

他社でもこの時間帯はスプレッドが開きますが、LANDFXではその拡大幅が若干大きい印象です。

この時間でのトレードは避けていました。しかし一度、この時間帯に狙ったレートまで相場が動いたためエントリーしようとしましたが、スプレッドが広すぎてチャンスを逃したという悔しい経験がありました。

市場の開閉時などは窓狙いなどでトレードする方も多いと思いますが、LANDFXでは窓狙いの手法は若干厳しいかなと思います。

前述しましたが、スプレッドが極めて狭いブローカーはLANDFX同様スプレッドの変動幅が大きくなる傾向があります。

入金反映時間は?

銀行送金にて10万円を2回入金しました。

国内銀行送金で、指定の口座に振り込んだ結果です。

  • 1回目 ちょうど1時間でMT4口座に反映
  • 2回目 15分でMT4口座に反映
  • 3回目 45分でMT4口座に反映

入金から反映までの時間はストレスを感じることのない範囲だと思います。

ちなみに、LPボーナス口座に入金した場合、ボーナスも入金と同時に口座に反映されます。

出金申請から着金までの時間は?

LANDFXで国内銀行送金で入金した場合、出金は国際送金となります。

国際送金にかかった時間と手数料は、

出金申請 → 4営業日(土日挟む)で着金

手数料は、LANDFXに約4500円、金融機関に約2500円支払いました

海外送金の割には早い着金でした。手数料が合計で約7000円かかったのは少し痛い点です。

残高がある程度大きくなってからの出金をおすすめします。

出金拒否はなかったか?

当然ですが出金拒否に会うことは一度もありませんでした。

利益を出す → 全額出金 → 再入金 → さらにボーナスをもらう

を何度か繰り返しましたが毎回出金までスムーズに行えました。

私の取引スタイルが大きなレバレッジを掛けない手法だったこともあると思います。

また、再入金する際に不正行為にあたらないかサポートに確認をとることを行いました。

もし自分の取引手法が不正行為にあたらないか心配な場合は、一度サポートへ確認してみるのも一つの手です。

ゼロカットのタイミングは?

入金額を超える損失を確定させてしまった場合だと、マイナス分がボーナスから補填されゼロの残高表示に戻るまで10分程度かかりました。

また、ボーナス分を超えた損失を出した場合は、マイナス表示は1時間、最短10分程度で自動的にゼロ表示となりました。

ゼロカットは申請が必要と公式サイト上に注意書きがありますが、特に申請することなく自動でゼロカットされました。

おそらく、ゼロカットの申請は不正行為を行ったユーザーに対応するためのものであると考えられます。

健全なユーザーであれば自動でゼロ表示に戻してくれると思われます。

 

LANDFX総合評価

私が実際に使ってみてのトータルの評価ですが、初心者や低資金から始める方にはぜひおすすめのブローカーです。

取引手数料がかからずこれだけの低スプレッドでサクサクトレードできるため、取引環境については良い部類のブローカーに入ると思います。

更に最大50万円までタイミングを選ばず何度でも100%入金ボーナスがもらえるため、少ない軍資金でも余裕を持って取引することができます。

海外FXブローカーでは、低スプレッドと高額なボーナス制度を両立しているブローカーはLANDFXだけです。

また、登録手順からマイページの操作まで初心者にも扱いやすくシンプルな構成となっていますので、これから海外FXデビューする方にもおすすめできるブローカーです。

ただし、ボーナスを利用する場合は、利用規約の内容をよく確認し不正に当たらない取引を心がける必要があります。

 

LANDFXの基本情報

LANDFXは、グループ全体でニュージーランド(FSPR)英国(FCA)からの金融ライセンスを取得している海外FXブローカーです。

日本での知名度は中堅といったところですが、国内業者にも迫る低スプレッドと50万円の入金ボーナス(LPボーナス)プロモーションで隠れた人気を持つブローカーです。

 

LANDFXの基本スペック

LANDFXの基本情報
最大レバレッジ
500倍(CFDは200倍または100倍)
スプレッド
ドル円平均0.8pips
ロスカット水準
証拠金維持率30%以下
取引プラットフォーム
MT4、MT5、マルチターミナル
追 証
無し
取引銘柄
93種類(為替、株式指数、メタル、エネルギー)
最低入金額
10,000円
日本語サポート
◎(メール、チャット、電話)

 

入出金情報

LANDFXの入金方法
入金方法反映時間最低入金額手数料
VISA1時間以内1万円無料
STICPAY即時5ドル(500円)無料
国内銀行送金1時間以内5万円無料
海外送金1~2営業日5万円無料
bitcoin1時間以内1万円無料

※銀行送金は、国内口座への振り込みとなります。その際、振込時に振込人名義を「MT4IDまたはMT5ID + 名前(LANDFX登録名)」としましょう。例:1234567 YAMADA TARO

※1万円未満(口座振り込みの場合は5万円未満)の入金は手数料が発生します。

LANDFXの出金方法
入金方法出金時間手数料
VISA4~7営業日無料
STICPAY即時0.3ドル + 2.5%
海外送金2~5営業日45ドル

※クレジット/デビットカード(VISA)で入金した場合、出金時にカードに返金することが一時的にできなくなっています。

この場合、海外送金かSTICPAYへの出金となります。

50万円まで100%ボーナスがいつでももらえるキャンペーン実施中!

LANDFX 公式サイト

 

この記事で紹介した業者以外にも、大きなメリットを持つ海外FX業者は多数存在します。

下記のページでは資金力をにサポートしてくれるボーナスキャンペーンに焦点を当て、厳選した海外FX業者をランキング形式で紹介しています。

自分に合った最強業者を見つけ、資産を倍増させましょう!

海外FX業者 ボーナス早見表

豪華ボーナスで海外FXを始めよう!限定キャンペーン実施中
全20社海外FXボーナスランキング