【TAU】Lamden 特徴と将来性【隠れた有望銘柄】

Lamden(TAU)は、最近話題になり始めている仮想通貨です。インターネット上でも情報が少なく、一部の仮想通貨投資家の間で密に話題になっている通貨です。

まだ日本では認知度の低い通貨ですので、当然時価総額や価格も安く買うタイミングとしてはベストな通貨です。

また、低い時価総額に比べ、コイン自体の性能や、開発陣の働きも素晴らしいので紹介させていただきます。

[the_ad id=”815″]

TAUの基本情報

通貨名 Lamden(TAU)
流通枚数 142,215,728 TAU
最大発行枚数 288,090,567 TAU
トークン種類 ERC20
ステーキング種類 DPOS + BFT
公式HP https://lamden.io/
Twitter https://twitter.com/LamdenTau

 

 

Lamden(TAU)とは

公式HPから通貨の概要について抜粋しました。

ラムデンを選ぶ理由
Blockchainアプリケーションの開発は、技術の新しさのために部分的に難しくなっていますが、ブロックチェーンが今日どのように使用されているかについての現状の制限にも一定の制限があります。 Lamdenのユニークな開発ツールパッケージは、現在の問題を修正し、ブロックチェーンテクノロジを企業や開発者がアクセスできるようにすることを目的としています。 Lamdenのユニークな開発者キットには、ブロックチェーンの生成、分散パッケージ管理、独立したチェーンツーチェーン通信用のツールが含まれており、あらゆる資産を転送できるブロックチェーンアプリケーションの膨大なネットワークを構築します。

Lamdenは、ブロックチェーン開発者向けに様々な機能が容易に実装できる開発ツールを提供しているようです。

Lamdenのツールを用いれば、15分でブロックチェーンを生成することができるそうです。

 

他通貨のプロジェクトや開発状況を見ると、ブロックチェーンの開発には、膨大な時間人材スキルが必要だということがわかります。

これらのコストを大幅に削減してくれるのがLamdenのブロックチェーン開発ツールです。

[the_ad id=”805″]

Lamden(TAU)の特徴

Lamdenには3つのブロックチェーン開発ツールがあります。

 

SAFFRON

Saffronは、企業や開発者がプライベート・チェーンを迅速かつ効率的にコンセプトし、展開することを可能にするブロックチェーン・ジェネレータです。

堅牢なオプションの選択肢を備えたあらかじめ構築されたテンプレートを使用することで、Saffronは各プロジェクトの仕様に独自のカスタムブロックチェーンソリューションを組み込むことができます。

Saffronを利用することにより、優秀な技術者を雇わなくとも低コストで独自のブロックチェーンを構築することができるようになります。

 

FLOLA

Floraは、Ethereumと他のスマートな契約ブロック群の分散スマート契約パッケージマネージャです。

分散型パッケージマネージャを使用すると、一般的に使用されるコードを開発者が共有できるため、頻繁に繰り返されるタスクの開発時間が大幅に短縮されます。

ブロックチェーン技術を利用して、開発者間でソースコードを共有できるため、開発時間の大幅な短縮とソース管理の容易性の向上が期待できます。

 

CLOVE

Cloveは、チェーン間のアトミックスワップを容易にする分散アプリケーションです。

ERC20トークンを含むほとんどのBitcoinベースおよびEthereumベースのチェーンは、プロトコルと互換性があります。

アトミックスワップは、Lamdenの最も特徴的な機能の一つです。

 

アトミックスワップとは!

アトミックスワップは、異なるブロックチェーン間で通貨の交換ができる仕組みです。現在交換可能な通貨は150種類あります。 この機能があると、TAUしか持っていなくても、ビットコインでの支払いができたりします。

異なる通貨をTAUを基軸として利用できるようになれば、TAUの需要が増えることが予想できます。 また、現在もスワップ可能な通貨を随時追加しているようです。

 

TAUトークンの性能

TAUの公式HPでにある、他のコインとの性能比較の表です。

注目は、

Transactions per second(処理速度)

秒間10,000件のトランザクションを処理することができます。ビットコインは秒間7件リップルは1,500件です。

EOSは別格ですが、それ以外の通貨と比べると格段に処理速度が早いことがわかります。

LamdenではDPoSとマスターノードのシステムを独自に併用することにより高速な処理を可能としています。

 

Free transactions(手数料)

Lamdenはオープンソースなので、個人が自由ひ開発できるようトランザクション費用が無料となっています。

 

Atomic swaps included(アトミックスワップ)

前述したとおり、TAUの流動性を高めるだけでなく、今後注目を集めるクロスチェーンとしても大きな材料です。

 

ClovePay

 

公式ブログでは、ClovePayという新しいプロジェクトについて発表がありました。

1 USD EQUALS 1 Tokenized USD Coin

This is achieved by being backed by an established bank and Lamden becoming a legally recognized entity, with legal responsibility for securing the network. This is similar to how other money transmission services like Stripe, Venmo, Square and PayPal operate to send USD. With ClovePay we gain the features of these platforms while applying the advantages of Blockchain. This advantage is then passed to developers via Clove’s API which is part of the Lamden Developer Suite.

1ドル=トークン化された1ドル

これは、確立された銀行とLamdenが法的に認められた組織になり、ネットワークを確保するための法的責任を負うことによって達成されます。これは、Stripe、Venmo、Square、PayPalなどの他の送金サービスがUSDを送金する方法と同様です。 ClovePayでは、これらのプラットフォームの機能を活用しながら、Blockchainの利点を活用しています。」

おそらく、PayPalなどの送金サービスの仕組みにブロックチェーンを応用し、さらに高速で利便性のある送金システムの構築を計画しているということでしょうか。

 

さらにその中でトークン化された法定通貨の送金を可能にする計画のようです。

そのために、Lamdenが様々な公的な資格を取得し公認された組織となることも目的としているようです。

 

英語の翻訳に間違えがなければかなり壮大な計画です。

計画通りに進めば、TAUの暴騰は間違いないように思われます。

 

TAUの現在の状況(伸びしろ考察)

 

上はTAUの現在の価格です。

時価総額は約42憶円で、ランキングは200位前後です。

これまで紹介した特徴からすると、まだまだ低い時価総額と言えます。

また、総発行枚数も約2.9憶枚と決して多いほうではありません。

今後注目を浴びてコインの素晴らしい特徴が幅広く知られれば、かなりの伸びしろが期待できる通貨です。

 

TAUが買える取引所

TAUは、HitBtc、IDEXで買うことができます。

IDEXは取引量が少ないため、取引量が多く売買しやすいHitBtcでの取引をおすすめします。

HitBtcにビットコインやイーサリアムを送って取引をする際、コインをメインアカウントからトレードアカウントに移さないと取引ができませんので注意してください。