bitwalletとは?手数料と海外FXとの相性をわかりやすく解説

bitwallet(ビットウォレット)とは、オンライン上で管理する電子財布のことです。

海外FXをやったことのある方なら一度は名前を聞いたことがあるかもしれません。

この記事では、bitwalletを使うメリットと、登録方法、使い方についてわかりやすく解説していきます。

 

bitwalletとは?

冒頭で書いた通り、bitwalletは、オンライン上での電子ウォレットです。

イープロテクションズという、国際送金の仲介サービスを行っている会社が運営しています。

余談ですが、XMなどで銀行振込で入金する際、振込先の名前がイープロテクションズとなっているのを目にした方も多いかと思います。イープロテクションズでは、銀行間での送金についてもユーザーと海外FX業者との間に入り仲介してくれるサービスも行っています。

このように、国際送金などをするにあたりユーザーが高い手数料を支払ったり、数日も待たされたりすることを解決する目的でイープロテクションズが作ったのがbitwalletです。

 

銀行による送金だと、高額な手数料が発生し、着金までかなりの日数がかかります

場合によっては他の中継銀行を仲介することによりさらに手数料と時間が増してしまいます。

 

 

bitwalletを利用することで銀行による国際送金のコストの問題は解決されます。

 

 

具体的には、以下のような流れで送金が行われます。

bitwalletへの入金(預け入れ)は、クレジットカード(デビットカード)銀行振込になります。

bitwalletに預け入れたお金を、海外の口座などに送金します。

簡単に言うと、bitwalletを中継して海外の業者などへ入出金することになります。

 

bitwalletの手数料

bitwalletへの入金

入金方法 手数料 着金時間
クレジット/デビットカード 入金額の5% 即時
銀行振込 入金額の0.5% 30分程度

※銀行への手数料は別途発生します。

クレジットカードの会社は、

  • VISA
  • MasterCard
  • Diners Club
  • American Express
  • Discover Card
  • JCB

の大手クレジット会社から入金可能です。

 

 

bitwalletからの出金

出金先 手数料 着金時間
銀行口座 824 円 最短2営業日

bitwalletの出金先は銀行口座のみになります。

手数料は、出金金額に関わらず一律824円なのはとてもありがたいですね。また、利用実績に応じて412円まで手数料が安くなります。

 

クレジットカードで入金した際の注意点

■ クレジットカードへの出金(ショッピング枠キャンセル扱い)はできない

■ 入金分の出金は1カ月待たなければならない

■ クレジットカードの現金化を試みた場合アカウント停止の場合も

クレジットカードでの入金は即時反映で便利ですが、出金する場合は上記のような制限があるので、できれば手数料の安い銀行口座からの入金がおすすめです。

 

 

 

bitwallet登録方法

登録方法は簡単です。5分程度で最低限の機能が利用できるようになります。

仮登録

公式TOPの[新規ウォレット開設]から手続き画面にアクセスします。

 

[JAPAN]を選択し、メールアドレスと希望するパスワードを入力します。

入力が済んだら、ロボットチェックをにチェックを入れ[登録する]をクリックします。

 

 

[パーソナル(個人)アカウント]を選択します。

ビジネスでの利用をする場合は、下の[ビジネス(法人)アカウント]を選びます。

このあと、再度メールアドレス、パスワード等の確認画面が表示されますので、間違いがなければ

 

ここまで終わると登録したアドレスに以下のようなメールが送られてきます。

メール内のリンクをクリックして本登録の画面に進みましょう。

※リンクは1時間以内のみ有効なので注意しましょう。

 

本登録

少し長いですが特に難しいことはありません。間違えの無いよう必須項目を正しく入力していきましょう。

次のページで入力内容に間違えがないか確認します。

 

注意点

後に本人確認・住所証明書類を提出することになりますので、それらと一致する個人情報を入力しましょう。

 

ここまで終わると、本登録の完了メールが送られてきます。

口座IDは登録したメールアドレスになります。

メール内のリンクから早速ログインしてみましょう!

 

↑のようなウォレットサマリーのページが表示されればログイン成功です!

 

 

 

アカウントステータスについて

bitwalletではにはアカウントステータスがあり、ステータスのレベルにより受けられるサービスの内容が変わります。

アカウントを作成したばかりだとステータスはトライアルです。

トライアルのままだと、入金額に制限があるうえ、出金(引き出し)することができません。

 

ステータスを上げるには、以下の表の要件を満たす必要があります。

トライアルの次のステータスであるベーシックに上がるには、身分証住所証明の承認が必要になります。

トライアルにあがってやっと月に約25万円ほどの預け入れと、無制限の出金ができるようになります。

 

トライアル以降のステータスは、入金額と入出金の回数が条件となります。オレンジの数字が、条件までの残りの数字となります。

 

 

本人確認資料のアップロード

ログインして[ご登録情報・設定]のページを開き、[アカウント情報]のタブを選択すると、個人情報の下に各種証明書の承認状況の欄が出てきます。

 

 

以下の条件を満たす書類を[ファイルを選択]からアップロードします。

 

顔写真付き本人確認資料

以下の中からひとつをアップロードします。

  • 運転免許証・運転経歴証明書(裏表の2点)
  • パスポート(顔写真のページと住所のページ2点)
  • 写真付き住民基本台帳カード(裏表の2点)
  • 在留カード(裏表の2点)
  • 特別永住者証明書(裏表の2点)
  • マイナンバーカード(表面のみ)

※全て有効期限内のものをアップロードしましょう。

※2点のファイルが必要なものは、ファイルを選択するとき複数選択しましょう。

 

 

IDセルフィー

顔写真付き本人確認書類と本人が一緒に映った写真がIDセルフィーです。

身分証が本人のものであることを証明するために必要となります。

上記のようなイメージで撮影します。

※明るい場所で顔がはっきりと映り、身分証の文字も読み取れるような画像を撮影しましょう。

 

 

現住所確認資料

以下の中からひとつをアップロードします。

  • 公共料金の請求書・領収証(電気・都市ガス・水道・NHKのいずれか一つ)
  • 国税、地方税の領収書または、納税証明書
  • 各種健康保険証
  • 各種銀行・クレジットカード会社の利用明細書・請求書
  • 住民票の写し(マイナンバーの記載がないもの)
  • 印鑑登録証明書

※発行日から6か月以内ということが分かるものをアップロードしましょう。

 

本人確認資料提出の注意点

  • 書類はスキャンか写真撮影したものを提出しましょう。
  • 写真撮影する場合は、書類の四隅が確認でき、文字がはっきりわかるものを提出しましょう。
  • 登録した内容と名前、住所が全て一致するものを提出しましょう。

 

以上、3種類の資料をアップロードすると、問題がなければ数日後に承認されます。

ここまで終われば、出金が可能になります!

 

bitwalletへの入金

今回は、登録したばかりのアカウントステータストライアルの状態で入金してみます。

銀行口座からの入金であれば、入金額は無制限です。

ただし、出金は次のステータスであるベーシックからになります。

【クライアントメニュー】から【銀行送金によるご入金】を選択すると振込先である指定口座の情報がでてきます。

ここに入金することでbitwalletの資金が入ります。

注意点

【送金元名義】は、

「12345678 YAMADA TAROU」

のように、指定された8桁の口座識別番号と、ローマ字(またはカタカナ)の氏名入力しましょう。

全て全角英数字で入力します。スペースも全角です。

この入力を怠ると、誰が入金したのか特定するのに時間がかかってしまいます。

 

以上の銀行に振込むと、約15分で以下のような入金完了メールが届きます。

これでbitwalletへの入金は完了です!

ログインして、入金額が反映されているかもついでに確認しておきましょう!

 

 

 

bitwalletは海外FXとの相性抜群!

bitwalletを使うメリットは、海外FXを利用する場合に最大に発揮されます。

海外FX業者の最大手であるXMを例にとってみます。

関連記事

XMトレーディングは、キプロスに本拠地を置く海外FXブローカーです。 FXをやる方なら知らない人はいないというほど有名なブローカーで、ネット上でも多くの広告を見ます。 私も最初は国内口座を利用していましたが、7年前にXMを利用し[…]

 

bitwalletからの送金手数料が無料

bitwalletとXMの間で送金する際は、手数料が無料になります。

手数料はXMが負担しくれます。

また、着金も即時反映されるので銀行送金のように1時間ほど待ったりする必要はありません。

 

 

XMで使えないクレカが使える

XMでは、VISA、MasterCard、JCBのカードしか利用することができません。

また、カード会社によっては、金融庁の規制が厳しいこともあり海外FX業者への送金を断ってくる場合もあります。

それに対しbitwalletでは、JCB以外の大手クレジット会社のほとんどで入金可能です。

ただし、クレジットカードからbitwalletへ入金する際は、手数料が5%かかるためクレジットカード入金に特別なこだわりがない限り、銀行送金を利用することをおすすめします。

 

 

海外FX業者間での資金移動が無料

bitwallet ⇔ 海外FX業者での入出金は無料なので、業者間での資金移動がコストゼロで行うことができます。

入金100%ボーナスのキャンペーンを行っている業者に資金を移動して証拠金を倍々にするような使い方もできちゃいます。

 

 

bitwallet利用はFX業者のサイトから

海外FX業者へbitwalletで入出金する際は、必ずFX業者のサイト内から行うようにしましょう。

こうすることで、bitwallet ⇔ FX業者の送金手数料を業者が負担してくれます。

 

入金する場合

入金方法選択画面からbitwalletを選択します。

次の画面でbitwalletのID(メールアドレス)と入金額を入力して確定すると、入金処理をするためにbitwalletのサイトに移動します。

 

 

出金する場合

こちらも入金方法と同様、出金方法選択画面からbitwalletを選択します。

関連記事

XMトレーディングは、キプロスに本拠地を置く海外FXブローカーです。 FXをやる方なら知らない人はいないというほど有名なブローカーで、ネット上でも多くの広告を見ます。 私も最初は国内口座を利用していましたが、7年前にXMを利用し[…]

 

 

bitwalletのメリットは業者次第

bitwalletのメリットはこれまで書いてきたように、低コストであったり着金までの時間が短かったりと様々です。

出金に関しては、海外FX業者大手のXMなどは銀行を出金先に指定してしまうと多額の手数料と時間がかかってしまいます。

しかし、比較的新しいブローカーでは、銀行への出金手数料を無料にしてくれる場合もあります。

このサイトでもオススメしているis6comGemForexなどは、月1回の出金に限り手数料無料のサービスを行っています。しかも出金の速度も速く、どちらの業者も2~3営業日での着金が確認できています。

このように、bitwalletを使ってしまうと逆に手数料が発生してしまう場合もありますので、各FX業者の手数料や着金までの日数を踏まえて、計画的にbitwalletを使うことをおすすめします。